富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-

     

富山で注文住宅をかなえる
地域情報メディア

これから富山で注文住宅を…と考えている人のために、この地でつくられた家たちの施工事例をはじめ、ちょっとマニアックな地域情報を紹介しています。

富山に建てられた素敵な注文住宅たち

富山につくられた注文住宅の施工事例を集めました。自然素材をふんだんに使い、家族の想いをセンスよく叶えたものばかり。自分のイメージに合う施工事例を発見することが、家づくりの第一歩です。

紹介している注文住宅を建てた工務店

マグハウスのキャプチャ

このページで紹介している施工事例は、富山市の「マグハウス」から提供してもらいました。自然素材を活かしながら、住宅性能とシンプルなデザイン性を追求した工務店です。

マグハウスの公式サイトで
事例を見る

自然素材+2.5階という、誰もがわくわくする家

自然素材+2.5階。誰もがわくわくする家

2.5階、なんと楽しげな響きを持つのでしょう。2階3階はごく当たり前の風景になっていますが、なぜ2.5階という選択肢が?今回紹介する注文住宅は、無垢材の質感を大切にした内装と大きな吹き抜けを備えています。そのうえの2.5階、なんと屋上にもつながっているとのことで、わくわくがとまりません。

「庭とリビングがつながる楽しさ」をあらわした家

庭とリビング。つなげて楽しい家

こちらの注文住宅は、かつて期間限定のモデルハウスだった住まい。開放的な設計がされており、最大の特長はリビングから庭にいたるまでに設置されたウッドデッキ。まるでリビングと庭が家の一部のようで、機能性と美しさにあふれた空間となっています。庭とリビングの一体感が素敵な家づくりを実現しました。

夫婦ふたりでもひとりを大切にする、おさまりの良い家

夫婦ふたりでもひとりを大切にする、おさまりの良い家

富山でそれぞれ在宅業をしている夫婦は、ストレスを感じないための住まいを実現しました。2階の空間に設置されたワーキングスペースや圧迫感を感じない玄関部分など、随所にライフスタイルを充実させるための工夫が。家族の雰囲気を感じる吹き抜けがありながら、きちんと自分だけのスペースを用意。なんとも仕事がはかどりそうな注文住宅です。

隠れ家的な書斎をふたつ備えた遊び心のある家

隠れ家的な書斎をふたつ備えた遊び心のある家

木材本来の質感やぬくもりを、そのまま家のデザインやテイストにした住まい。障子で区切れる和室など、思い描いた楽しい生活を叶えるためにさまざまなアイデアをつめこんでいます。ぜひ、のぞいてみてください。センスのいい遊び心って、こういうものだのだと感じました。

無垢材とホームシアターの心地よい関係がある家

無垢材とホームシアターの心地よい関係がある家

注文住宅は、住まいへの思いや自分の願いがつまった、魔法の箱のような場所であるべきです。今回紹介するオーナーが叶えたのは、開放的なホームシアターというありそうでなかった贅沢。さらに、シックな色合いの自然素材を絶妙に合わせてくるあたりがずるい演出です。

いつも自然体でありたい、そんな夫婦の心豊かな家

自然素材と吹き抜けからの陽光で心が豊かになる家

飾らず、でも芯を持った夫婦が叶えた住まいは、明るめの無垢材をふんだんに活用した自然体の家。子どもとの会話を楽しみながら料理をつくることができるオープンキッチンや、吹き抜けから降り注ぐ太陽の光。時おり見かけるオーダーメイドの家具が、ふたりのこだわりを映しているようです。

ちょうどよいウッドデッキが暮らしを彩る家

ちょうどよいウッドデッキが暮らしを彩る家

外観のインパクトのあるデザインが魅力的な住宅です。白い壁と三角屋根がおしゃれな雰囲気を演出しています。庭に敷かれた渡り板はこの家のおしゃれポイントです。室内に入るとそこにはキッチンからリビング、和室が見渡せるよう設計されたこだわり空間が。家事をしながら子供の様子が確認できます。

気持ちがよいミニマムスタイルにこだわった家

気持ちがよいミニマムスタイルにこだわった家

部屋の数を最小限に抑え、無駄のない導線設計にすることで限られたスペースの中でも狭さを感じさせない空間を演出しています。外観からは想像できないほどの広さです。内観はカフェにいるかのような雰囲気。天井は無垢材本来の色を活かすことで、自然に囲まれた別荘にいるかのような気分が味わえます。普段の生活を癒しの空間へと導いてくれる家です。

家全体をひとつの空間にするナチュラルな家

家全体をひとつの空間にするナチュラルな家

広々としたリビングが開放感を与え、くつろぎたくなる空間に仕上がっています。リビングとキッチンの隔たりをなくしてできたスペースは、家族みんなが気軽に会話できる空間に。各部屋も書斎、多目的スペースと実用感バツグン。休日は家でのんびりしたくなるような居心地のよい空間が広がっています。

北アルプスが眺望できる便利なロフトがある家

北アルプスが眺望できる便利なロフトがある家

設置したバルコニーからは北アルプスが一望でき、いつでも景色を楽しむことができます。雄大な自然を眺められるのはここに住む家族だけの特権といえるでしょう。外観は茶色で統一されたシンプルなデザインであるのに対し、室内は明るく広々とした空間が広がっています。キッチンとリビング、和室が一体となっているため、家事をしている親も子どもの様子を見ながら過ごせるはず。この家が家族同士の距離を近づけてくれます。

自分らしい暮らしをパッシブデザインでかなえた家

自分らしい暮らしをパッシブデザインでかなえた家

こちらの家は縦長に伸びた住宅で、一見するととても小さく見えますが、中に入ると外観から見た狭さを感じさせません。吹き抜けと大きな窓を設置することで広々とした空間をつくりあげています。2階は太陽の光を部屋全体にとりこめるサンルームを設置。狭い土地を活かした工夫が適所に見える家です。

ちょうどよい住みやすさをとことんこだわった家

ちょうどよい住みやすさをとことんこだわった家

家の外観と内観をホワイトカラーに統一したことで落ち着いた雰囲気がつくりあげられた住まい。休日には広々とした空間でのびのびと過ごせそうです。リビングにある窓を出たところにあるウッドデッキで朝日を浴びて、一日の始まりを元気に過ごせそう。玄関のドアは真っ白な壁と無垢材を使用し、おしゃれに仕上げています。

20代の夫婦が考えた、自分たちらしい家

20代の夫婦が考えた、自分たちらしい家

一見平屋に見えるこちらの住宅ですが、屋根裏に2階にあたるスペースが設置されています。まるで隠れ部屋にいるかのような空間は子どもをわくわくさせることまちがいなし。屋根裏空間をうまく活かしたスペースです。キッチンはリビングとダイニングの間に挟んだ設計にすることで導線をしっかり確保しています。広々リビングにダイニングと、家族との時間を十分に楽しめる家といえるでしょう。

店舗併用でも驚くほどおしゃれな自然素材の家

店舗併用でも驚くほどおしゃれな自然素材の家

理容室と並列して建てられた住宅は店舗と住宅が違和感なく繋がっています。リビングは広々とした空間を演出。独特なデザインの吹き抜けの窓からは優しい光が注ぎ込まれ、自然とリラックスできそうです。室内は無垢材のフローリングに白い壁を組み合わせることで落ち着いた雰囲気に。耐震性に優れた工法を採用しているので安心して暮らすことができます。

シンメトリーな三角屋根と広い敷地を有効活用したこだわりの家

シンメトリーな三角屋根と広い敷地を有効活用したこだわりの家

マイホームの理想形である三角屋根のシンメトリーな家。広い敷地に建てられた家のため小さな子どもがのびのびと遊べるのはもちろん、仲間が集まってBBQ・かまくら作りとイベントを楽しむことが可能です。家内部は白を基調としており、床や梁などに木材を使い、温かみのある家に仕上がっています。どっしりと富山の地に構え、家族の毎日を守ってくれる家です。

狭い家と感じさせない、スキップフロアが自慢の2世帯が暮らす家

狭い家と感じさせない、スキップフロアが自慢の2世帯が暮らす家

色あせないデザインが特徴的なスクエア型の家です。青い空に映える白い壁の家にはインナーガレージが作られており、雪や雨、風から愛車を守ります。家の中に入ると玄関を共有スペースにし、1階は親世帯・2階は子世帯と2世帯に分かれる造りに。親子ともに余裕を持って暮らせるのが魅力です。2階には家族全員が気に入っているバルコニーもあります。

「自分たちらしく生活したい」を実現した家

「自分たちらしく生活したい」を実現した家

吹き抜けがあり広々としたリビングには和室が隣接しています。来客がある際は、区切って使うことも可能です。大きな窓が付いており、太陽の光をたっぷりと取り込めるのも魅力。ゆったりと自分たちらしく暮らせる家となっています。柱を使わず、1つの空間にLDKが存在しているのも特徴的。家事導線も考えられており、ママの仕事を楽にしてくれます。

「小さな幸せと木の温もり」を与えてくれる、シンプルな家

「小さな幸せと木の温もり」を与えてくれる、シンプルな家

淡い黄白色が特徴の松の木を床に使ったシンプルな家は、触り心地が良く温かみがあります。リビングやキッチンなど、いたるところの空間が広めにとられており、開放感があるのも特徴です。キッチンのカウンターや収納にも木材が使われており、インテリアや植物などを置けばとても見栄えがよくなります。シンプルながらも洗練された家です。

ラクラク移動ができる、生活導線を意識した家

ラクラク移動ができる、生活導線を意識した家

1つの空間に和室・キッチン・洗面所・2階への階段が配置され、家の中を移動する手間を軽減しています。家族が集うリビングには、日の光が入るように天井近くに窓を設置。明るく開放感のある空間となっています。天井に設置された梁は空間のアクセントに。ほかにもカフェのようなキッチンカウンター、レトロモダンな和室など、見どころ満載です。

毎日の食事作りが楽しくなるオリジナルキッチンのある家

毎日の食事作りが楽しくなるオリジナルキッチンのある家

白いタイルと木材の調和したオリジナルキッチンのある家です。タイルが使われているので、お手入れも簡単。毎日の料理が楽しくなります。家の魅力を高めているもう1つのものが木材の床。黄白色で温かみがあり、触り心地が良いのも◎。思わず寝っ転がってしまいそうです。家の外にはプライベートヤードがあり、休みの日は家族でゆったりと過ごせます。

勾配天井でのびのびと暮らせる家

勾配天井でのびのびと暮らせる家

リビングの天井は勾配になっており、見せ梁が配置されています。高い位置に窓がついており、採光も簡単。白い壁と無垢材がマッチする内装は温かみがあり、暮らす人や訪れる人を穏やかな気持ちにしてくれます。リビングと和室が隣接しているため、突然の来客や子どもを遊ばせる際に障子とリビングを区切ることが可能です。

外観と内観にGAPのあるラグジュアリーな注文住宅

外観と内観にGAPのあるラグジュアリーな注文住宅

黒を基調としたシックな外観・無垢材をふんだんに使ったラグジュアリー内装とGAPが素敵な家です。グランドピアノが丸々1台入る部屋があり、ピアノ教室を開いたり練習に使ったりとさまざまな使い方ができます。リビングと和紙を同じ部屋に配置し、あえて仕切りを使わない造りが特徴的。リビングと和室、どちらも勾配天井で空間に広さが出ているのも魅力です。

1つにながるビルトインガレージのある家

1つにながるビルトインガレージのある家

ビルドインガレージを設置して雨や風、雪から愛車を守ることができる家です。ガレージから家の中に入ることが可できます。外観はアイボリーの壁色にチョコレートカラーの屋根が特徴的。家の中は床や階段に木材が使われており、白い壁とマッチします。部屋の中に配置された窓からは、たっぷりと明かりを取り込むことが可能です。

コンパクトだけど楽しい開放感のある家

コンパクトだけど楽しい開放感のある家

家をコンパクトに仕上げつつも、狭さを感じさせない開放感のある家です。広く見える秘密は、リビング上部の吹き抜けにあります。1階と2階の窓から太陽の光を取り込むことが可能です。2階の部屋には移動式の収納があり、収納を移動させれば空間を2つに区切りることができます。必要なもの以外は置いていない、シンプルさが魅力です。

のびのびと快適な広がりのある家

のびのびと快適な広がりのある家

生活動線を考慮し、家じゅうのデッドスペースをとことん省くことで広がりのある空間を実現した住まいをご紹介。広がりのある家は、まず玄関の広さが違います。リビングは1階と2階が吹き抜けでつながっており、360度どこを見渡しても「広い」と口に出してしまうことは間違いありません。しかもただ広いだけでなく、生活動線も考えられた造りになっています。広いなかにも便利さが詰まった、のんびり快適に暮らせる家です。

ずっと過ごしても飽きないLDKの家

ずっと過ごしても飽きないLDKの家

こちらは家族が集まるリビング・ダイニング・キッチン、略してLDKにこだわった家です。リビングの床には無垢材をふんだんに使用されており、快適な居心地をプラス。どのインテリアを置いても調和がとれる内装の白い壁は、間接照明の明かりも柔らかくしてくれます。リビングには日向ぼっこができるサイズのウッドデッキを設置。時を経るごとに変わっていくライフスタイルにも対応できる間取りのおかげで、末永く過ごせる一軒家となることでしょう。朝から晩まで飽きずに過ごせるLDKのある家です。

すがすがしいほど開放感抜群な家

すがすがしいほど開放感抜群な家

家の外観も内装もすべてが開放感に満ち溢れている家をご紹介します。立山連峰のふもとにあるこの住宅は、自然の外観を崩さないシンプルなデザインが特徴。晴れた日のブルースカイとも相性ばっちりです。1階はLDKすべての仕切りをできるだけ省略することで、抜群の開放感を実現。庭につながるウッドデッキはバリアフリーで、大きな窓を開放すれば家と自然が一体化しているかのようです。富山の自然に映える、ため息が出てしまうほどの開放感を味わってください。

緑の芝生が萌える中庭のある家

緑の芝生が萌える中庭のある家

アシンメトリーでスタイリッシュな外観の家には、緑の芝生が萌える気持ちの良い中庭がありました。リビングからウッドデッキを伝って庭に降りると、さわやかな風が吹き抜けそうな芝生の緑が広がります。青空とのコントラストは「最高」としか言いようがありません。もちろん中庭だけでなく、家の外装にもこだわりがたっぷり。なんと来客用の上がり框(かまち)を設けているのです。機能性もさることながらゲストへの細かな配慮が感じられる、一度はお招きいただきたいと思わせてくれる家です。

アーリーアメリカンスタイル

レトロな香りと自然の香りが融合したアーリーアメリカン

アーリーアメリカンと天然素材の融合をコンセプトに、シンプルな中に遊び心が詰め込まれた家。明るい白に調和する無垢材が、解放感と安心感を両立させています。また、玄関から洗面所まで一直線の動線や、1階と2階を同じ空間にまとめた吹き抜け、仕切りのないキッチンなど、家族のつながりを大切にする施主の思いが伝わってきます。さらに、アンティーク調のインテリアや秘密の書斎など、注文住宅ならではのこだわりも魅力です。

家事動線

計算された家事動線が家族の笑顔と活力を生む家

家族が気持ちよく暮らしていけるよう、人の動きの流れである「動線」と、生活に不可欠な収納空間を計算することは大切です。こちらの住宅では、家族のつながりが途切れないように、一体的な空間設計が行われていることに加えて、日常的な家事をスムースにこなせるよう、家事動線と収納スペースのバランスが細かく考慮されています。また、広々としたリビングは吹き抜けになっており、三次元的なリラックス空間が実現されています。

富山LIFE STYLEが取材した工務店

マグハウスのサイト画像

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/)

上記で紹介した施工事例は、富山の地で自然素材の家づくりを続けている工務店・マグハウスに取材をしたもの。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくっています。富山市布瀬本町にあるモデルハウスでは、自然素材をふんだんに使い、高い住宅性能を備えたマグハウスらしい注文住宅に触れることができます。

公式サイトでマグハウスの
モデルハウスをもっと見る

富山の素敵な注文住宅の外観

注文住宅は内観の施工事例も重要ですが、外観をチェックすることも、理想のマイホームを建てる第一歩になります。

以下は、素敵な外観の注文住宅の施工写真を掲載しています。

img01
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img02
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img03
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img04
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img05
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img06
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img07
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img03
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img04
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img05
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img06
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
img07
引用元:マグハウス公式HP http://maghaus.com
gaikan1
gaikan2
gaikan9
gaikan4
gaikan5
gaikan6
gaikan7
gaikan8
gaikan9
gaikan10
gaikan11
gaikan12

間取りにこだわった注文住宅を建てる上でのポイント

理想のマイホームを建てる際には、外観だけでなく間取りを考えることも重要です。

間取りは外から見えるものではありませんが、実際に注文住宅で生活していく人にとって常に影響するポイントであり、注文住宅の住みやすさや快適性に直結する要素でもあります。 そのため、注文住宅を建てる上で間取りにこだわることは欠かせません。

しかし、具体的にどのような間取りが理想的で、どのような間取りにすれば自分や家族の生活ニーズへ最大限に応えられるのか、素人ではなかなか判断できないこともあります。また、モデルハウスや他人の注文住宅の間取りをそのまま真似したとしても、自分の家を建てる土地の環境や外観デザインといった条件によって、機能性や感じ方がまるで変わってしまうことも珍しくありません。

そこで、ここでは注文住宅を建てる上で大切な「間取り」について、富山ならではの気候や特性を踏まえながら、様々な面から詳しく解説していきます。

収納スペースの規模と使いやすさは重要!

トップ_収納イメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/031.html

家の収納は、多くの人が実際に注文住宅で暮らし始めてから後悔しがちなポイントであり、だからこそ事前にきちんと考えることが必須です。

適切な収納スペースを考える際は、単に物置や棚を増やせば良いというものでなく、具体的に生活をイメージしながら必要な場所に、適したタイプのものを、使いやすい配置で設計することです。特に収納は家事のしやすさにも直結するので、主婦の目線で考えることも欠かせません。また、無駄な死角を上手に活用することも大切です。

家事や生活の動線にもこだわるべき!

トップ_家事導線イメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/038.html

快適な生活を実現するには、人が動きやすいように間取りを設計することが重要です。特に料理や洗濯、掃除といった日常の家事をこなしていく上で、動線が悪いことは心身のストレスにつながります。

また、動線を考える際は、それぞれの部屋の移動距離や廊下の幅、段差の有無、各部屋の収納スペースの位置といった家事動線や生活動線にかかわる部分だけでなく、家族のプライベート空間がゲストから見えないよう、来客動線についても注意しましょう。

階段の種類やサイズは後々の生活に影響する!

トップ_階段イメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/024.html

各階をつなげる階段には、様々な形状があります。また、入居時にスムーズに荷物を運び入れたり、日常的に安全な上り下りを行ったりするためには、各段の高さや幅を計算することも大切です。

加えて、高齢者や身体に障害のある人が家族にいる場合、手すりや滑り止めの設置などバリアフリーについても計算しておくようにします。

階段は後から気軽に変更できない部分なので、設計段階で細かく確認しておきましょう。

水回りは家を建てる上で欠かせないポイント!

トップ_水回りイメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/034.html

水回りの工夫は、家の快適性や機能性を高める上で注意すべきポイントです。

キッチンの流しやトイレ、浴室や洗面所といった水回りは日常生活と切っても切れません。そのため、使いやすさや衛生環境を考えることは大切ですが、実は部屋の位置関係も重要です。

水回りの間取りを決める時は、寝室やリビングなどからトイレへの動線を考慮すると同時に、排水音を考慮してストレスを感じないようにします。また、配管設備を集中させることで、工事費や後々のメンテナンス費を安くできる点も覚えておきましょう。

富山では部屋干し可能な環境が必須?

トップ_部屋干しイメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/032.html

実は、富山は年間降水量で日本上位、年間降水日数はおよそ182日で日本第2位と、非常に雨の多いエリアです。また、冬場は地域によって豪雪に見舞われることもあり、思わぬ雨や降り続ける雪などへの対策も忘れてはいけません。

日常の家事で雨や雪が特に問題となるのは、洗濯物の乾燥です。そのため、富山で注文住宅を建てる場合、室内干しのための空間作りを考慮することも重要です。

窓の配置は家の雰囲気を左右する!

トップ_部屋干しイメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/024.html

窓の配置やサイズは、家の明るさや空気の流れを計算する上で欠かせません。

基本的に、窓の間取りは1つの部屋に2つずつ、南北や東西など対角線上に配置します。実際の位置は、土地環境や風の流れを考えて決めますが、向かい合わせの配置が困難な場合、天窓を作って通風経路を確保するなどの工夫もできます。

窓の間取りは居住性だけでなく、デザイン性にもかかわってくる部分なので、ライフスタイルとのバランスを考えながら色々とこだわっていきたいポイントでしょう。

コンセントや電気関係の設備も大切!

コンセントの数や位置は意外と忘れられがちですが、快適な生活を送っていく上で非常に重要です。

コンセントの配置を考える場合、どんな家電をどこに置くかなど、具体的に生活をイメージすることが欠かせません。また、後々に家電が増えていくことも考慮します。

コンセントの数が足りないと、延長線を足下にはわせなければならなかったり、たこ足配線をして漏電や火災の危険性が高まったりと、様々なリスクが生じます。

冷暖房の効率も考える!

トップ_冷暖房イメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/034.html

最近は吹き抜けなどを持つ住宅も増えていますが、冷暖房の効率や空気の流れをきちんと計算しておかなければ、思っていたよりも冬の寒さを感じやすくなるかも知れません。

冷暖房の効率については、冷暖房システムや換気システムはもちろん、窓の配置や天井の高さ、壁や床の素材なども合わせて考えることが必要です。

冷暖房の効率は後々の光熱費にも関係してくるので、季節ごとの生活や将来性をイメージしながら決めていくようにしましょう。

デザインばかりを優先するのは危険?

注文住宅を建てる人にとって、おしゃれなこだわりをいっぱい詰め込んでデザイン性が豊かな家にしたいというのは、とても自然な感情です。

デザイン的に満足できる注文住宅は、家への愛着を強めて、長く暮らしていきたいという気持ちを支えます。しかし極端なデザインを優先すると、動線や収納スペースを犠牲にしてしまい、日常生活でのストレスを感じやすくなるというリスクも生じます。加えて特に幼い子供や高齢者がいる家庭では安全性も重要です。

家のデザインを決める場合、設計士やデザイナーと相談しながら適切なバランスを考えていきましょう。

富山で生活する上で必須の車とガレージ!

トップ_ガレージイメージ

引用元:マグハウス公式HP https://maghaus.com/cn18/034.html

富山で快適に暮らしていこうとすると、一家に1台でなく1人に1台というほど車が重要です。そのため、ガレージについて考えておくことも大切です。

特に年頃の子供がいる家庭などでは、夫婦の車だけでなく、将来的に子供の車が増える可能性もあるでしょう。 ガレージの間取りは土地面積や家の設計にも左右されるので、土地選びの段階から考慮しておくことが必要です。

神棚を配置する際のルールは?

現在の家で神棚を祀っていなくとも、新築をきっかけにして家族の安全を祈願するために神棚を設置する人は少なくありません。

家の中に神様を祀るための神棚は、設置の仕方にも細かいルールがあります。神棚の場所は間取りにも関係するため、きちんと確認しておきましょう。

迷ったら徹底的にプロへ相談!

注文住宅のメリットは、設計やデザインに施主のこだわりを細部まで反映できる点ですが、建築の素人では非合理的なアイデアを持つことも少なくありません。

設計士や建築デザイナーは、施主のこだわりと住居の機能性を調和させるプロといえます。 しっかりとこだわりを詰め込みながらも、末永く暮らしていきたいと実感できる注文住宅を叶えられるよう、納得いくまで建築のプロに相談するようにしてください。

細かすぎていいのです。富山の住みやすさを再発掘

富山にある街(市)ごとに、住みやすさの理由や地元の人からの評判、住む場所として人気のエリアや地価などをリサーチしました。

「わたしはこの街に住む!」という人から「あの街ってどんな感じなの?」と考えている人、全員のためになる情報を盛り込みました。なお、細かすぎる地域情報の一部は、富山LIFE STYELが取材をしたマグハウスに協力してもらっています。

富山市にかんする記事

富山市の画像

環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会

県庁所在地である富山市は、交通の利便性や生活のしやすさが魅力的な地域。富山で注文住宅を建てる人の人気が集中しています。富山湾がご近所なので、文字どおりの産地直送。新鮮な海の幸たちはスーパーに並んでいますし、納得がいかなければ自ら釣り上げることも可能なのです(多少大変ですが…)。子育てに優しい街で、お祭りやイベントが多いのも特徴。家族で住むことにかんして、富山市ほど素晴らしい街はないと思います。富山LIFE STYLEがリサーチした、富山市の住みやすさを紹介していきます。

富山市内で頻発!?スーパーマーケットの戦いは利用者のためのものだった

富山市内で頻発!?スーパーマーケットの戦いは利用者のためのものだった

質問させてください。「富山でスーパーといえば?」この答えにアップルもしくはアルビスを持ってくる人は多いと思います。いずれも高品質や低価格などの強みがあり…富山市民のみなさまにはお馴染みのことかもしれませんが、市内の買い物スポットを知ることも家づくりに必要な要素だったりするのです。そんなワケで、富山市にあるスーパーの情報をまとめてみました。

数字から見た富山市の治安「調べてみたら安全すぎてビックリした件」

数字から見た富山市の治安「調べてみたら安全すぎてビックリした件」

富山はとにかく治安が良い。そんな声を聞くことは決してめずらしいことではありません。それもそのはず、47都道府県で11番目に犯罪率が低いのです(TOP10に入らないあたりが富山)。こと富山市内においては、防犯のため取り組みが行政を中心に推進されています。防犯カメラ設置補助制度や、安心なまちづくり推進条例などの整備があるのです。ここでは、富山市の治安向上にかんする取り組みを紹介していきます。

地元就職率トップクラスを支える「14歳の挑戦」が富山の自慢

地元就職率トップクラスを支える「14歳の挑戦」が富山の自慢

富山は地元に就職する若者が多い。え?意外ですって?そんなことはありません。富山県が独自に実施している14歳の挑戦、これが効いているのです。中学2年生という多感な時期に取り組んでいるのが、地域の事業所と連携した職業体験学習。富山出身者なら、懐かしトークに花が咲きまくるこのテーマを深掘りしてみました。

富山市の病院事情ってどうなっているの?その疑問、お応えします

富山市の病院事情ってどうなっているの?その疑問、お応えします

子育て世帯やゆったりと暮らしたい世帯にとって自然が多い富山県は最適な場所です。しかし病気やけがをした場合、しっかりと診てくれる病院はどれくらいあるのでしょうか?また診療科目も気になります。ひとまず内科や外科、小児科、整形外科、歯科など、富山にある病院やクリニックの数を数えてみたところ、500院以上ありました。総合病院もあるため、病気やケガの際もひとまず安心だといえます。富山県で有名な病院や実際に富山の病院を受診している人の口コミをまとめてみました。気になる富山県の病院事情についてチェックしてみましょう。

校区を中心に富山市を深ぼり!子育て環境にピッタリの地域とは…?

校区を中心に富山市を深ぼり!子育て環境にピッタリの地域とは…?

富山市には桜町、芝園町、東中野町、呉羽、婦中、小杉、五福、八尾の8つの校区があります。それぞれに小中学校があるため、基本的にどの町に住んでも学校には困らないでしょう。8つの内、もっとも学校の多い区が婦中と八尾の2つです。婦中には小中学校が合わせて9つ、八尾は6つあります。ほかの区の小中学校はその名前を冠した学校が1~3校と少ないですが、通学の便利さ教育環境の充実さという点で、婦中・八尾に劣りません。そんな富山市の校区について、特徴をまとめてみました。どの地域で子育てをするべきか迷っている人は要チェックです。

富山市で子育てにもってこいの土地ベスト3★

富山市で子育てにもってこいの土地ベスト3★

富山県の中心地と言えばやはり富山市です。富山市だけで50の地区があります。そのなかでも、婦中周辺・呉羽周辺・今泉周辺は子育てに最適な土地として有名です。婦中と呉羽には多くの小中高があるため、学校にこまることがありません。今泉は小児科から内科まで幅広く診察してくれる総合病院があり、万が一お子さんが病気やケガをした場合にもすぐに受診できます。この3つの地域のうち、もっとも大きいのが婦中で子育て世帯がもっとも多い地域だといえるでしょう。しかし、ほか2つも甲乙つけがたい地域です。どの地域が良いか、それぞれの特徴を確認しましょう。

「富山はオシャレさんが多い」という、うす~い風のウワサを検証してみた

「富山はオシャレさんが多い」という、うす~い風のウワサを検証してみた

カフェや雑貨屋さんなど富山県にはオシャレな場所はあるけれど、富山県民自体はオシャレなのか?うっすらと噂される富山県民オシャレ説について検証してみました。オシャレな人と言えば、流行りの服・アクセサリー・バック・靴などをもっているイメージですが、富山県民はそもそも、男女ともに堅実な性格であまり散財しません。また、真面目な人が多く、流行にホイホイと乗る様なこともないといえます。仕事といった、人前に出る様なときは身だしなみに気を付けるでしょうが普段の服装と言えば、派手ではないような…。気になる富山県民のオシャレ事情は如何に!

「スタバ・富山環水公園店」は“元”日本一美しい?いい、“元”世界一美しいのです!

「スタバ・富山環水公園店」は“元”日本一美しい?いい、“元”世界一美しいのです!

都会にあるスタバって、ごちゃっとした場所にあるイメージがありませんか?正直、乱立する建物やせわしく行きかう人々を見ながら飲むコーヒーって微妙ですよね…。ところが富山県のスタバは、都会にあるようなスタバとは一味違います!ガラス張りのお店と店舗の見た目は通常のスタバとあまり変わりないのですが、お店から見える景色が別格。まるで外国のカフェにきたかのような景色に、日本…ひいては富山県とは思えないほどの美しさなのです。そんなスタバ・富山環水公園店ですが、なぜ“元”日本一…いや“元”世界一なのでしょうか?気になる“元”の理由についてまとめています。

収入は全国上位!富山はお金持ちが多いというウワサは本当なのか

収入は全国上位!富山はお金持ちが多いというウワサは本当なのか

富山県は2018年度の全47都道府県幸福度ランキングで、5位にランキングするほどの県です。お金持ちと幸福度の関係は比例するそうなので、富山県民にお金が多いというウワサには真実味があります。ちなみに富山県民は男女ともに真面目で堅実な人が多いため、無駄な出費や浪費をしないというのも特徴です。その分お金を貯蓄しているという可能性も少なくありません。お金に関して堅実派な富山県民ですが、しっかりとお金をかけるところはかけます。例えば、住宅やお墓ななど一生ものに関してはお金を惜しまない面もあるのです。さっそく、富山県民金持ち説について迫ってみましょう。

地元ライターは語る「富山ブラックの名店は路地裏にあるもの」

地元ライターは語る「富山ブラックの名店は路地裏にあるもの」

黒い塩辛いそれなのに箸が止まらない、それが富山ブラック。気になるその正体はラーメンです。富山県民のソウルフードとして食されており、近年B級グルメとして全国的にも有名になっています。 ご飯と一緒に食べる炭水化物過多な料理ですが、一度食べたらその魅力にハマってしまう人も少なくありません。そこで、富山県に来たら絶対に食べてほしい、富山ブラックの美味しい店をピックアップしてみました。元祖富山ブラックを開発したラーメン店から焼き肉店なのに富山ブラックを提供する異色の店まで、気になる店舗が目白押しです。

ついに…天丼てんやが富山にもやってきたぞー!

ついに…天丼てんやが富山にもやってきたぞー!

「“てんや”って格安で天丼が食べられる、あのてんや?」そう思う人もいるでしょう。東京都内を中心に店舗を展開しているてんやですが、これまで富山県にはありませんでした。隣接する岐阜県と長野県にはあるのに!富山に隣接する新潟県・石川県にもてんやはありません。しかし!この新潟県・石川県よりも先に、富山県へてんやがやってきたのです。そこで富山初のてんや店内の様子やどこに富山のてんやがあるのか調査してきました。また、富山にある全国規模のチェーン店事情や全国に負けないローカルチェーン店についてまとめています。

富山のかまぼこは何が違う?特徴や美味しいお店をピックアップ

富山のかまぼこは何が違う?特徴や美味しいお店をピックアップ

富山県の小学生は必ずといっていいほど、社会見学でかまぼこ工場に見学へいきます。「かまぼこなんてどこも一緒でしょう?」と思うかもしれませんが、富山県は海が近いだけあって新鮮な魚で作られたかまぼこは味が普通に食べるかまぼことは別物です。また、見た目も普通のかまぼこと少しだけ異なります。本来ついているであろうアレがついていないのです。いったい何がついていないのでしょうか?富山県のかまぼこの魅力を知ってもらうために、富山のかまぼこの特徴と美味しいかまぼこを売っているお店をピックアップしてみました。かまぼこ好きは必見です。

富山県民なら必ず登る!立山登山とは?

富山県民なら必ず登る!立山登山とは?

標高3000mの山々が立ち並ぶ立山は登山コースとしても有名です。立山黒部アルペンルートと呼ばれる、北アルプスを貫いて富山県と長野県を結んだ山岳観光ルートがあります。初心者向けの簡単なコースから上級者向けのハードなコースまで、さまざまなモデルコースがそろっており山好きにはたまりません。また、立山の標高に由来するチャレンジ3015という健康増進の取り組みもあり、立山は富山県民にとって、切っても切り離せない存在です。魅力満載な立山の特徴やおすすめの登山コースについて、まとめてみました。立山登山にチャレンジする人はぜひ、コース選びの参考にしてください。

富山県民の心を揺さぶる立山科学のCMについて語ってみた

富山県民の心を揺さぶる立山科学のCMについて語ってみた

富山県民に愛されるローカルCMといえば立山科学のCM。シリーズものとして制作されていますが、一貫して外国人の起用にこだわっているのがわかります。そして第1弾で子どもだった男の子が成長した姿がのちに現れたときの感動は計り知れなかったことでしょう。オーロラ観測や天体観測と、とにかく壮大なロケーションが特徴的な立山科学のCM。そのインパクトの強さに思わず「うわぁ…すっごいやぁ」と言わずにはいられません。このCMを見ながら育ってきた富山県民のなかには、セリフをほとんど丸暗記している方も多いはず。そんな富山県が誇る立山科学のCMを、第1弾から詳しく解説してみました。

富山県の水はなんでこんなにおいしいのか!?その秘密に迫ってみた

富山県の水はなんでこんなにおいしいのか!?その秘密に迫ってみた

富山の水はおいしいと評判で、「蛇口をひねればおいしい水が流れてくる」といわれているほどです。その理由は、おいしい水の条件をすべて満たしているからにほかなりません。しかも富山の水の源流は北アルプスの立山連峰です。大自然に磨き上げられているわけですから、おいしいに決まっていますよね。そんなおいしい水に恵まれた富山県には、名水百選に選ばれた名所が各所にあります。環境省に認定された名水は全国最多の8か所に上るそうです。こちらでは名水の秘密にさらに迫りつつ、名水8か所の中から有名な2か所をご紹介します。

富山にローソンの数が多い意外な理由とは?

富山にローソンの数が多い意外な理由とは?

富山県は「ローソンが多い!」というあるあるでも有名な県です。店舗数自体は全国レベルに及びませんが、それでも多いと感じる理由はどこにあるのでしょうか?その謎を知るには実際の店舗数ではなく、人口10万人あたりの店舗数で見ることがカギだったのです。これにより富山県でローソンの数が多いことの秘密がわかりました。しかも今でさえ数が多い状態なのに、まだまだ数が増え続けている様子。なぜ富山はローソンが多く感じるのか、そして富山で増え続けるローソンは、これからどこに向かっていくのか、その謎に迫りました。

滑川市にかんする記事

ホタルイカを推しまくる姿が潔い、ああ…愛しの滑川市よ

ホタルイカを推しまくる姿が潔い、ああ…愛しの滑川市よ

眼前には富山湾、そして後ろを振り返れば標高3,000m級の雄大なる北アルプス・立山連峰がそびえ立つ。そんな光景を間近に感じながら暮らせるのが、滑川市の大きな魅力です。そして、なんといってもホタルイカ。春になれば桜の花が道路や山々をピンクに染めるように、深海からそっとやってきたホタルイカは、神秘的なエメラルドグリーンで富山湾を魅せてくれます。本当に癒されますよ。まあ、食べちゃうともっと満たされるんですけど。と、いうわけで、滑川市にかんする情報をまとめさせてもらいました。

魚津市にかんする記事

魚津市の真実「全国住みよさランキング6位」は、自然がギュッと濃縮された結果

魚津市の真実「全国住みよさランキング6位」は、自然がギュッと濃縮された結果

富山市と比較すると、魚津市は利便性などの面で、いろいろ目劣りすると感じる人もいるかもしれません。でも、主要路線がきちんと通っているので、それほど不便さを感じることはありません(本当です!)。何なら富山市まで簡単に足を運ぶことはもちろん、黒部峡谷や立山連峰までも楽~に行けちゃいます。魚津駅からはコミュニティバスも出ていて…そんなことより、魚津市は全国住みよさランキングで堂々の6位!これは、魚津市が安心度や快適度に優れているからこそなのです。

黒部市にかんする記事

黒部市の真実「美味くて泣けるレベルの海の幸・山の幸」を堪能できるのは1割の住民だけ?!

黒部市の真実「美味くて泣けるレベルの海の幸・山の幸」を堪能できるのは1割の住民だけ?!

人口数が約37,000人の黒部市には、生地大地・桜井の化藤・天信寺と見どころが満載。縄文時代~古墳時代の遺跡が至るところにあり、歴史ロマンを感じられる市でもあります。

そんな黒部市は海と山が面していることから、海と山の幸が豊富。海の幸はブリ・アジ・カニ・イカなど多種多様な魚が水揚げされます。山の幸は山菜やきのこなどを採ることが可能です。美味しい物で溢れている黒部市は、利便性の高い土地としても有名。4つの路線が使用でき、東京・大阪方面へ行くことができます。黒部市の住みやすさについて、詳しく調べてみました。

射水市にかんする記事

「住む・遊ぶ」がギュギュっとつまった射水市。その正体とは…

「住む・遊ぶ」がギュギュっとつまった射水市。その正体とは…

射水市は黒部市に負けないくらい、海の幸・山の幸が豊富な市です。交通機関も充実しており、ほかの地域からのアクセスも便利。商業施設や学校も多くあります。子育てに関する制度が充実しているので、子育て世代にとって住みやすい街だといえるでしょう。

また、富山県のなかでもイベント好きな市としても有名です。春夏秋冬、季節ごとにお祭りごとがあります。賑やかなことが好きな人には、飽きずに住める楽しい街だといえるでしょう。そんな射水市の特徴や住みやすいエリアの情報、実際に住んでいる人の口コミをまとめてみました。

高岡市にかんする記事

自然が豊富で古い町並みが残る高岡市は魅力の宝庫、その住みやすさとは

自然が豊富で古い町並みが残る高岡市は魅力の宝庫、その住みやすさとは

高岡市には多くの文化遺産や伝統工芸品が残っています。とくに高岡市の高岡銅器や高岡漆器は有名で、その歴史は江戸時代にさかのぼります。仏具やブロンズ像の作成に使われていた銅器は、現代風のデザインを取り入れて花器・インテリアとしても作られるように。さらに、欧米のブランドとコラボするといった試みもされています。伝統工芸の多い高岡市には古い町並みが残っており、多くの文化遺産が残っているのも特徴です。また自然も多く残っているので、ゆったりとした場所で子育てをしたい家族におすすめな街だといえるでしょう。そんな高岡市の特徴や住みやすいエリアについてまとめてみました。

氷見市にかんする記事

富山県の海の幸が味わえる!氷見市の住みやすさを徹底解剖

富山県の海の幸が味わえる!氷見市の住みやすさを徹底解剖

日本海に面している富山県の氷見市。といわれてもすぐにピンとくる方は少ないかもしれません。ですが住居水準充実度ランキングで1位を獲得している、獅子舞の演舞を披露している自治体が多い、祇園祭の本気度がすごい…といったように、「もっと目立っても良いのでは?」と思うくらいの魅力が詰まっている市なのです。観光地としての顔もさることながら、食の宝庫としても魅力的な氷見市には、寒ブリが手に入る漁港もあります。もちろん日本海側の海の幸が楽しめる食事処も満載。季節によっていろいろな自然や食などが味わえる氷見市をどうぞ味わってみてください。

砺波市にかんする記事

住みやすさ全国第2位!富山県内11年連続No.1の砺波市!

富山県砺波市は、2017年に東洋経済新報社が発表した「住みよさランキング」において、全国第2位、県内では10年以上もトップを走り続けている、富山県屈指の住みやすい街です。風光明媚な日本の美しさと、大型商業施設などがそろった都会の利便性を併せ持つ、「便利な田舎」として知られており、子育てや仕事だけでなく住宅にかんする支援制度も充実しているので、注文住宅の新築を計画している世帯にとっても見逃せませんね。

小矢部市にかんする記事

住みやすさで人気の「メルヘンの街」!小矢部市を徹底紹介!

富山県の最西部にあり、石川県金沢市に隣接している小矢部市は、のどかな田舎でありながら、住みやすさを向上させるための住宅・子育て支援が積極的に行われており、交通アクセスも良いことから周辺都市のベッドタウンとして栄えているエリアです。また、公共施設にヨーロッパ風の建築物が使われている「メルヘンの街」や、源平の戦いとして有名な「倶利伽羅峠の戦い」の舞台としても知られており、観光スポットとしても人気です。

南砺市にかんする記事

南砺市の魅力は?人気の田舎の住みやすさをチェック!

南砺市は、一言でいえば山間の田舎です。しかし、世界遺産「五箇山合掌造り集落」などを擁する観光地として、ミシュランガイドで3つ星を獲得し、全国にある小規模自治体を対象にした「住みたい田舎ランキング」でも上位に並ぶ、日本が誇る「人気の田舎」です。また、地価が安いのに周囲には富山市や砺波市、金沢市などが隣接し、車さえあれば、デザインや住みやすさにこだわった注文住宅を建てる土地として魅力的かも知れません。

上市町にかんする記事

剱岳の景観と独自の取り組みが自慢の富山県上市町の住みやすさ

名峰剱岳の麓に広がる上市町は、豊かな自然に囲まれた田園工業都市として独自の文化を発展させながら、富山市まで車や電車で15~25分程度という立地環境も活かして、様々なライフスタイルを追求できる町として注目されています。また、古くから薬業が盛んで現在も数多くの薬業関連企業があり、さらに子育て支援や医療環境の充実に取り組んでいるなど、住みやすさを考える上で無視できない点にも力を入れられているエリアです。

立山町にかんする記事

富山が誇る日本有数の観光エリア立山町の住みやすさを検証

立山町は、黒部ダムや立山アルペンルートといった、富山が世界に誇る観光資源が集結したエリアであり、同時に富山全域の7%という広大な面積を持つ自治体でもあります。そのため、特別豪雪地帯に指定される山間部から、海抜12mの平野部まで多様な地域特性を持ち、暮らし方や住みやすさも異なります。そこで、有名な観光地としてでなく、注文住宅を建てて日常生活を送る土地としての、立山町の特徴や魅力に迫っていきましょう。

【富山中心】今日から始める家づくりマニュアル

これから富山で注文住宅を検討している人に見てほしい情報をまとめました。家づくりの最初は、写真をみたり内装設備を考えたりと夢がふくらむもの。でも、いざ契約する段階では多くの書類に目をとおして、初めて聞く言葉を知る必要があります。できるだけ富山にかんする情報をまとめましたので、気になるものから片っ端に確認してみてください。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる