富山の注文住宅会社ランキング

富山で注文住宅を建てられる会社一覧

富山でこんな家を建てたい!注文住宅ギャラリー

注文住宅を富山で建てるコツ~断熱・耐震などをチェック!

HOME » 注文住宅を富山で建てるコツ~断熱・耐震などをチェック!

注文住宅を富山で建てるコツ~断熱・耐震などをチェック!

富山県で注文住宅を建てるさいにチェックしておきたいポイントを紹介。ここでは、気候や断熱の重要性についてくわしく掲載していきます。

富山で注文住宅を建てる時のポイント【断熱・耐震編】

富山県は、国によって豪雪地帯に指定(豪雪地帯に豪雪地帯対策特別措置法)されているほど、冬場は雪にとざされる地域。そのため、注文住宅を建てる時には、断熱設備などを十分に考慮に入れる必要があります。

滑川や射水などの沿岸部ならまだしも、内陸部に行けば行くほど寒さも厳しくなります。(立山周辺は日本で唯一氷河が現存する豪雪地帯)

そのため一般的な住宅工法では、結露で窓まわりが傷んだり、風雪で外壁・屋根が損壊するなどの被害をうけてしまうのです。

また、夏は夏で北陸地方特有のフェーン現象で高気温・高湿度となり、とても空調・冷房なしでは屋内にとどまることができません。

この富山県ならではの気象条件に見あった家を建てられるかが、注文住宅づくりの大きなポイントとなります。

とくにチェックしておきたいのが、気密性と断熱性、そして耐久性です。

富山の冬でも快適にすごせるよう、熱を逃がしにくく暖まりやすい高気密構造か。壁や床の断熱材の性能は十分か。雪にも耐えられる頑丈な工法・つくりになっているか。そして地震にも強いか。

ですから、これらのポイントを押さえた家づくりをできる、富山の地域に密着した住宅会社を選ぶ必要があるのです。

高い道路整備率と、低い道路混雑率。そして、日本一の持ち家率を誇る富山県で、快適な生活をおくるためにも、ぜひ暮らしやすい住宅を建ててください。

 
富山で家を建てる!注文住宅会社ガイド