注文住宅の実現には資金計画が重要

いざ富山で注文住宅を建てようと思った時、具体的にどの程度の費用がかかるのか、また住宅ローンを利用する場合はどのように返済していくかなど、しっかりとした資金計画を最初に立てることが重要です。ここでは、資金計画の重要性や資金計画を立てる上での注意点などについて解説していきます。

資金計画はどうして重要なのか?

大切な家に長く住み続ける上で欠かせない資金計画

そもそも、注文住宅を建てる際には住宅の本体工事費だけでなく、電気やガスの付帯工事費や、住宅ローンの手数料や引っ越し費用といった諸経費など、様々な費用が必要です。そのため注文住宅を建てようと思った時は、最初にきっちりと費用総額がどれくらいになるのか、また家が完成してからもどのようなお金が必要になるのか、細かく調べて資金計画を立てておくことが欠かせません。

もしも資金計画の準備をおろそかにして、当初の想定をはるかに上回る支出が発生した場合、仮にしばらくは貯金を切り崩してまかなえたとしても、必要な家具をそろえられなかったり、急な病気などに備えられなくなったりと、心身ともに安定した生活を送ることが難しくなります。ましてや、もしも後々の住宅ローン返済が厳しくなってしまえば、結果的にせっかくの新築物件を手放さなければならなくなる恐れまであるでしょう。

本当に理想的な注文住宅を建てて、そこで長く暮らしていこうと思うのであれば、最初の資金計画作成に妥協してはいけません。

資金計画を立てる際のポイントは?

自分の予算や頭金の額をきちんと計算する

まず建てたい家をイメージし、その実現にかかる費用を先に知った上で、お金の準備に入る人もいるでしょう。しかし、それでは実際に必要な金額へ到達するまで予想外に時間がかかってしまったり、明らかに自分の経済能力では支払えない金額が必要になったりするかも知れません。

そこで、最初に自分が注文住宅にどの程度の現金や予算を用意できるのか、冷静に判断することが重要です。

予算が明確に決まっていれば、その範囲内で資金計画をプランニングできる上、注文住宅をデザインしたり設計したりする際にもどこで妥協してどこにこだわるか、現実的に検討することが可能になります。 また、手持ちの現金から、住宅ローンの頭金としていくら用意できるのか考えることも大切です。

頭金が多ければ多いほど融資額が少なくて済み、その後の返済も楽になりますが、手持ちの現金が大きく失われてしまえば、直近の生活を送る上で支障を来してしまうかも知れません。

その上、注文住宅の場合、住宅ローンの資金が実際に振り込まれるのは原則として担保となる家の完成後であり、途中の土地購入費や着工金、中間金などは融資が実行されていない状態で支払うことになるという点も重要です。当然ながら、それらのための現金を確保していない場合、つなぎ融資によってさらにローンを組む必要があるので、支出総額も増えることになるでしょう。

工事費用の総額と内訳を把握する

注文住宅の建築には住宅の本体費用だけでなく、付帯工事費や諸経費といった費用が発生します。そして本体工事費と付帯工事費、諸経費の割合は「7:2:1」といわれており、理想の家を設計する際も予算全体のおよそ7割程度を上限に考えることが無難です。ただし実際の諸経費は条件によって異なるため、注意が必要です。

また、注文住宅では床や壁に使用する資材、施工法、機能性など様々なポイントで費用が発生するため、しっかりと内訳を把握しておくことで妥協できる部分やこだわりたい部分を見極めることができます。

住宅ローンの比較と返済計画

住宅ローンは、銀行や信用金庫など民間金融機関からのローンや、地方自治体などが行っている公的融資、民間融資と公的融資が合体したフラット35のような協調融資まで、複数のものが存在します。 当然ながら金融機関や融資の内容によって上限額や返済期間、金利なども異なるため、現状の収入で実際に返済可能な金額を冷静に計算しながら、自分にとってベストな住宅ローンを比較検討することが必要です。

助成制度などをチェック

自治体によっては、注文住宅の新築で受け取れる助成金が用意されていることもあります。助成制度の内容は自治体によって異なり、申請にも条件がありますが、資金計画を考える上で必ず確認しておきたいポイントです。

まとめ

せっかく理想の注文住宅で生活を始められたとしても、お金のことが気になって快適な暮らしを送れなければ本末転倒です。

資金計画では単に自分が用意できるお金の計算だけでなく、注文住宅の建築にかかる様々な費用や住宅ローンの返済計画、助成金の有無や条件などについても調査して、将来的なプランニングを行うことがかかせません。

最初にしっかりと資金計画を立てて、自分や家族の未来にとって本当に価値のある注文住宅を実現させていきましょう。

【CHECK!】こちらの記事も読まれています

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる