富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 【富山中心です】今日から始める家づくりマニュアル » 高気密・高断熱の家のメリット・デメリット

高気密・高断熱の家のメリット・デメリット

一年を通して快適な住環境を実現しやすいことから、高気密・高断熱の家を求める声は多くなっています。ハウスメーカーの説明などを見ても高気密・高断熱の家にはメリットがたくさんあることが伺えますが、ではデメリットはないのでしょうか。

改めて、高気密・高断熱の家のメリットとデメリットをまとめました。

高気密・高断熱の家のメリット

省エネで家計に優しい

高気密・高断熱の家は、外気温の影響を受けにくいことから、夏は涼しく冬は暖かい室内環境を維持しやすくなります。エアコンなどの冷暖房機器の使用頻度も減り、年間の光熱費を抑えられるほか、省エネで地球環境にもやさしい住まいを実現します。

部屋ごとの温度差が小さい

建物全体を一定の温度に保てるため、部屋ごとに温度差が生じにくいことも高気密・高断熱の家の特徴です。温度差が小さいと、特に冬場、ヒートショックに代表されるカラダへの負担も軽減でき、健康的な暮らしにも貢献します。

結露が発生しにくい

高性能な断熱材を使用することで、結露が生じにくくなります。結露は、カビやダニを発生させやすく健康への影響も懸念されます。また、壁内に結露ができると構造材が腐食するなど建物の強度を失わせるおそれもあります。高気密・高断熱の家であれば、人も建物も健康状態を長く良好に保てるのです。

高気密・高断熱の家のデメリット

設計に制約が生じる

高気密・高断熱な状態を保つには、できるだけ開口部の面積を小さくする必要があります。このため、大きな窓やサッシが設けられないなど設計に制約が生じることも。断熱性に優れたガラスやサッシを採用することで、大きな窓のある部屋を実現できますが、建築コストがアップする点には注意が必要です。

換気をコントロールする必要がある

高気密・高断熱の家は、換気計画がとても重要です。24時間換気システムを採用すると室内が乾燥しやすく、特に冬場は肌荒れや風邪などに注意が必要です。また、加湿器を使用すると結露が生じる場合があり、カビやダニの原因につながることもあります。

石油ストーブは細心の注意が必要

換気計画にもつながることですが、暖房器具に制約が出ることも注意点の1つです。特に開放タイプの石油ストーブのような二酸化炭素の排出量が多い暖房器具は、室内の二酸化炭素濃度も上がるため換気システムだけでは酸欠になるおそれがあります。FF式ファンヒーターやエアコンなど、暖房機選びには注意しましょう。

快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

空気が循環する家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。