富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし- » 【富山中心です】今日から始める家づくりマニュアル » 富山の注文住宅は住宅ローン減税制度を活用しよう

富山の注文住宅は住宅ローン減税制度を活用しよう

富山で住宅ローンを利用した注文住宅を建てるなら、住宅ローン減税について知っておくべきだといえます。住宅ローン減税は、新築や所得して住みはじめてから10年間にわたって金利負担を軽くすることができる見逃せない減税制度だからです。適用条件など細かな部分に気をつけることで、よりお得に住宅ローン減税を活用することも可能となります。

注文住宅を建てるなら住宅ローン減税をチェック

注文住宅を富山県で建てるなら、忘れずにチェックしておきたいのが住宅ローン減税です。ここでは、住宅ローン減税の概要の解説やシミュレーションをお伝えします。

住宅ローン減税の概要

住宅ローン減税とは、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、所得税の控除を受けることができる制度です。住宅ローンを使って注文住宅を建てた場合、年末の住宅ローン残高によって控除される金額が計算されます。ただし、年末時点の住宅ローン残高よりも住宅の取得費の方が少ない場合は、住宅の取得費を計算に使用します。

これから平成33年末までに居住するマイホームについて、住宅ローン減税を受けられる期間は10年間です。控除額は、計算対象となる金額(取得費か住宅ローン残高の少ない方)の1%を限度とします。また、計算結果が多くても40万円が限度額です。ちなみに、住宅ローン減税は、増改築にも適用があります。

認定長期優良住宅なら優遇がある

認定長期優良住宅または、認定低炭素住宅を建てた場合は、控除の限度額が50万円にアップします。ただし、認定住宅新築等特別税額控除の適用を受ける場合は、住宅ローン減税の適用を受けることができません。

認定住宅新築等特別税額控除とは、長期優良住宅や低炭素住宅の認定のために必要となった建築費用(これを「かかり増し費用」と呼びます)について所得税を控除する減税制度です。かかり増し費用の10%が控除されますが、かかり増し費用の限度額が650万円となっているため、控除の限度額は65万円となります。

住宅ローン減税の適用条件

住宅ローン減税の適用を受けるには、主に以下の条件を満たす必要があります。

注意すべきは、住宅ローンの内容によっては適用対象外となることです。たとえば、友人知人や親戚からの借り入れや、0.2%未満の低利で会社から借り入れる場合などがあります。

住宅ローン減税のシミュレーション

それでは、実際にどの程度の控除が実現するのかをシミュレーションしてみましょう。ここでは、制度の効果をわかりやすくするため、簡略化した条件を設定しています。あくまでも参考程度に見てください。控除額は最大に活用できた場合です。

年収700万円で住宅ローンが3,000万円の場合

年収700万円の人が、3,000万円の注文住宅を全額住宅ローンで建てたケースです。

35年返済で、年利は1.3%の固定とします。入居は平成30年3月です。また、配偶者と子ども2人を扶養しているとします。

この場合、1年目が29万3,100円で、以後毎年7,000円から8,000円程度下がります。10年目の控除額は22万7,700円です。10年間の合計で260万9,600円となります。

年収700万円で住宅ローンが2,500万円の場合

同じ年収700万円で、住宅ローンが2,500万円、独身の場合を見てみます。

1年目が24万4,300円で、以後毎年6,000円程度下がります。10年目の控除額は18万9,700円です。10年間の合計で217万4,600円となります。

住宅ローン減税のポイントは、年収が高い方が控除額も増えることです。年収が低いと、そもそもの所得税額が多くないため、控除を活かし切れないことがあるためです。

住宅ローン減税を最大限活かせるように、注文住宅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる