富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし- » 【ぜんぶ富山】素敵な家の施工事例

【ぜんぶ富山】素敵な家の施工事例

「丈夫で長持ちする家を建てたい!」「こだわりの他にはない個性的な住まいいがいい!」といったように、これから建てる住宅に対する思いは施主によってさまざま。しかし、逆に「どんな家を建てたらよいか、わからない」といった悩みに直面することもあるのではないでしょうか?

そんなときに大いに参考になるのが、これまでに他の施主が手がけた施工事例。しかも、富山県に建てるのであれば、実際に富山県で建てられている施工事例をたくさん見ておきましょう。富山の風土を活かした、さまざまな工夫を垣間見ることも可能ですよ!

施工事例を見るときにおさえておきたいポイント

家の顔「外観」

家の印象を決定づける要素の1つが「外観」です。いわば、自分たち家族の印象を周囲に決定させてしまうもの。周辺との調和を考えながら、自分たちならではのイメージを表現するものにしなくてはなりません。

外観にはおおむね「和風」「和モダン」「洋風」「洋モダン」「シンプル」「シンプルモダン」といった6つのデザインがあります。これらのデザインは時代によって変化をしていきますので、一概にどのデザインが最良の選択なのかはハウスメーカーと入念に話し合わなくてはなりません。

さらに外観のイメージを決定づけるのが外壁材の種類です。ひと口に外壁材といっても「窯業サイディング」「漆喰やモルタル」「タイル貼り」「金属サイディング」「ガルバリウム鋼板」といった種類があります。

家の中心「リビング」

住まいのなかで、家族が集まる場所といえば「リビング」。まさに住宅の中心と断言してもいい場所といえます。実際にさまざまな施工事例を見ていても、リビングにこだわりをもっている施主がほとんどです。

しかし、逆に工夫をしすぎて失敗してしまうこともあります。例えば「リビングに大きな窓を設置したのはいいけれど、外からリビングが丸見え。だから常にカーテンが閉めっ放しで、陽の光が入らない」。じつは、こんな悩みを抱えてしまう施主は以外に多いということ。周囲の住宅の窓の位置と同じだったり、リビングの内装にこだわるがあまり、外からの視線をおろそかにしてしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまうこともあるのです。

家の守り「屋根」

屋根も住まいの印象を決定づける重要なポイントの1つといえます。住まいを建てる際には、さまざまなポイントに注目していかなければなりません。そうすると、多くの施主が屋根をハウスメーカーに勧められるがままに選んでしまうケースも少なくないのです。やはり、一生に一度の家づくり。自分の要望を最大限に取り入れた住まいにしたいですよね。

屋根を決める際には形状から決めていかなければなりません。例えば一般的な屋根の形状といえば「切妻屋根」「寄棟屋根」「片流れ屋根」など。和風に仕上げたいというのであれば「入母屋屋根」「越屋根」。洋風屋根は「ギャンブレル屋根」「マンサード屋根」。モダン風を希望の場合は「かまぼこ屋根」「バタフライ屋根」といったように、改めてみると、屋根の形状だけでこれだけの種類があるのです。

実際に施工事例を調べてみて、気になった住まいの屋根をチェックしておくといいでしょう。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる