気持ちいい芝生の中庭に癒される家

家族とゲストを癒す中庭が特徴的な住まいをご紹介。芝生が敷かれた緑の中庭は、週末の家族団らんのひと時を想像させるほど気持ちよさが伝わってきます。中庭だけでなく、家の中にもこだわりがたっぷり。どの部屋も柔らかな光が入り込む、すがすがしくも温かさを感じる住まいです。

この注文住宅を建てた工務店

マグハウスのキャプチャ

このページで紹介している施工事例は、富山市の「マグハウス」から提供してもらいました。自然素材を活かしながら、住宅性能とデザイン性を追求した工務店です。

マグハウスの公式サイトはこちら

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

白い外壁に黒塗りのラインがアクセントとなっている家です。シックな色の片割れ屋根がモダンな雰囲気を演出しています。特徴は玄関までのアプローチ。広々とした駐車スペースから玄関まで開放感抜群ですが、日当たりや雨除けのための工夫がしっかり施されています。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

中庭には芝生が敷かれリビングからウッドデッキと伝って外に出られる仕組み。芝生の緑が青々と生い茂る夏は、青空とのコントラストがはっきりしてすがすがしさを感じることでしょう。家の白い外壁との相性もばっちりです。きれいに整えられた芝生はライフスタイルが変わるにつれてさまざまな役目を与えられることでしょう。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

玄関を開けると、そこにも広々とした空間が広がっていました。玄関はリビングへ続く上がり框(かまち)と和室へと続く上がり框を仕切りで分けています。ゲストが着た際の対応が考えられている造りといえるでしょう。外からの淡い光を取り込める玄関には、少しだけ和のテイストが感じられます。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

ダイニングキッチンの近くには家事に役立つ広々とした作業台を設置し、同じ場所で家事作業ができるようになっています。ゲストをもてなすための和室の仕切りを外せば、すぐに家族団らんのスペースに早変わり。広々とした室内として利用できるので、狭さは感じません。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

キッチン側からダイニング、リビングと両方が視界に入ってきます。壁には高さを揃えた大きな窓が設置されており、すっきりとした印象に。大きな窓から陽の光が差し込んでくるので、日中でも空間が暗くなることはありません。部屋一帯が見渡せるので、家族の存在がいつでも感じられる造りとなっています。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

和室スペースには縁なし畳を使っているので、洋風のリビングとの相性ばっちり。客間としても使える和室スペースには、窓に上から下ろすタイプの日よけを使い、日当たりが調節できるようになっています。日差しが強い時でも畳が傷む心配がほとんどありません。リビングと和室は同じ高さなので、隔てる障子を取ってもスムーズに移動できます。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

リビングから天井を見上げると、そこには開放的な吹き抜けが。天井近くにも窓が取り付けられており、より開放感のある空間を演出しています。梁やリビングの隅に取り付けられた間接照明もオシャレ。ゆったりとしたソファに座ればリラックスできることは間違いありません。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

2階から吹き抜けを覗くと、リビングの様子と窓からの景色の両方を楽しめるようになっています。天井近くに設置された窓の効果が最大限に活かされているのが分かるのが朝や夕方など、日が差す時間帯ではないでしょうか。リビングを常に明るく照らし続ける影の立役者によって、家族が集まる空間が造られています。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

部屋に設置されている間接照明は工務店オリジナルのデザイン。白い壁に反射するので、部屋全体に柔らかい光が広がります。床は淡い木材を使用しているので、ジャンル問わずどんなタイプの空間にもマッチするでしょう。四季に合わせてカーペットを変えたり、カーテンの色を変えたりと1つの空間でバリエーションが楽しめそうです。

マグハウスの「芝生のある中庭を楽しみながら 開放的なリビングで暮らす家 砺波A-Haus」施工事例

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/011.html)

広々とした室内は仕切りが入れられるようになっており、部屋数が必要になった際にも対応できます。窓の位置に合わせたり、照明の位置に合わせたりと、仕切る形はライフスタイルによって自由自在に変更可能。現在はシンプルで広々とした空間ですが、時間とともに変化していくライフスタイルに合わせて、その役目をどんどん変えていくことでしょう。

富山市の工務店「マグハウス」

マグハウスの店内画像

富山の地で、自然素材の家づくりを続けている工務店のマグハウス。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくっています。富山市布瀬本町にあるモデルハウスでは、自然素材をふんだんに使い、高い住宅性能を備えたマグハウスらしい注文住宅に触れることができます。

公式サイトでマグハウスのモデルハウスをチェック

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる