富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし- » 【ぜんぶ富山】素敵な家の施工事例 » 愛犬と自然の暮らしがつながるアトリエのある家

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

この注文住宅を建てた工務店

マグハウスのキャプチャ

このページで紹介している施工事例は、富山市の「マグハウス」から提供してもらいました。自然素材を活かしながら、住宅性能とデザイン性を追求した工務店です。

マグハウスの公式サイトはこちら

ブラックのガルバリウム剛板を用いた外壁がモダンな雰囲気を醸し出している住まい。その外観とは異なり、内装は自然素材の木材をふんだんに使ったナチュラルな印象となっています。開放感のあるリビングは、和室やキッチンと面しており、吹き抜けを通すことにより、家全体に一体感が生まれています。また、さまざまな場所に窓を配置することで、室内には、常に太陽から降り注ぐ光で照らされています。まさに部屋と一緒に家族が一体感を感じることができるすばらしい住まいが出来上がりました。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家1

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

まずは玄関部分。ガルバリウム剛板ならではの渋さを感じさせる外観のなかに、やわからい印象を与えてくれる白壁が映える玄関になっています。表札の柱も白に統一。そのなかで玄関ドアと表札部分には無垢材を用いた木材を使っています。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家2

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

こちらは家の中心地となるリビング。玄関と同様に白い壁が囲み、フローリングには無垢材を用いることで、あたたかみのある家族が一同に会するのにぴったりなリビングになりました。部屋の角にある柱も排することで、フルオープンな開放感を実現しており、さらに、あえてダイニングとリビングに段差をつけることで、区切りを明確にして、変化を楽しめる空間づくりをしています。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

ダイニングからリビングをみるとこのような感じになります。こうしてみると、ダイニング、リビング、和室などが同じ平面状にありながら、上手に区分けされており、それぞれの空間ごとの楽しみ方ができるように設計されているのがよくわかります。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

2階に上がって吹き抜け上部からリビングやダイニングを見下ろすとこのようになっています。1階、2階ともに大間口の窓が取りつけられているので、全面的に開放感にあふれていて、部屋全体が一体感に包まれています。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

ここは、2階ホール部分にあるスタディデスクです。机、収納棚など、すべてこの住まいのために作られたオーダーメイド。さらにあえて梁をむき出しにすることで、ナチュラルな雰囲気を感じることができ、快適な生活空間を演出しています。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

寝室です。こちらでも梁をあえて出すことで、無垢材のぬくもりを感じられる空間を生み出しています。また、こう配のある天井もインテリア感を演出しており、いつまでも留まっていたいと思わせる雰囲気が広がっているのも大きな特長です。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

この部屋も天井のこう配を上手く活用して、個性的な空間を作りだしています。この部屋はそのまま1部屋として活用することも可能ですが、間仕切りを作ることで2部屋にすることもできるということ。こうした将来的な変化にも対応できる住まいづくりは、これからも増えていくでしょう。

モダンと自然素材を組み合わせた大空間の家

引用元:マグハウス公式HP
(http://maghaus.com/cn18/012.html)

こちらは手洗い場。清潔感のある白い壁にシンプルな無垢材を用いるだけで、これほどまでに個性的でおしゃれな場所が誕生します。また、ボウル状のかわいい手洗いスペースも施主のこだわりを反映しているようです。

モダンデザインの注文住宅を富山で建てる際のポイント

注文住宅は、自身や家族の理想を住まいに反映できる家づくりです。なかでも人気のあるデザインテイストのひとつが、「モダンデザイン」ではないでしょうか。そもそもモダンとは、「現代的な」という意味。都会的でスタイリッシュなイメージのモダンデザインですが、意外にも自然素材との相性が抜群です。「素材にもこだわりたいけど、モダンな家を建てたい」という要望も叶えてくれます。

注文住宅を建てる際に大切なのは、「土地の気候に合わせて材質を選ぶ」という点。例えば、年間気温や日照時間、降水量に注目しましょう。

富山は東京に比べると冬の気温が低く、夏は東京並みの気温になるというデータがあります。そこに木材などの自然素材を取り入れるのがおすすめ。木材素材には「呼吸をして家全体の湿度や温度を調節する」という特徴があります。そのため夏はカラリとした空間を、冬は乾燥せず暖かい空間をつくってくれます。

さらに、年間降水量は東京よりも富山のほうが多いというデータも出ています。したがって、湿気対策も大切なカギ。調湿効果が期待できる塗り壁や木材を使った材質を上手く取り入れることが大切です。高い調湿効果があれば、それだけカビが生えにくく傷まない家に仕上がります。

建築家や工務店と相談しつつ、モダンで機能性が調和した注文住宅のプランを考えてみてください。

富山市の工務店「マグハウス」

マグハウスの店内画像

富山の地で、自然素材の家づくりを続けている工務店のマグハウス。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくっています。富山市布瀬本町にあるモデルハウスでは、自然素材をふんだんに使い、高い住宅性能を備えたマグハウスらしい注文住宅に触れることができます。

公式サイトでマグハウスのモデルハウスをチェック

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる