富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 富山で注文住宅を建てられる工務店・ハウスメーカーガイド » 住友林業

住友林業

ここでは木材の特質を知り尽くす住宅メーカー・住友林業が施工する注文住宅の特徴や口コミ・評判などを紹介しています。

住友林業の口コミ・評判

新築戸建てを住友林業さんにおねがいしました。担当の方は若くて頼りになる方で、とにかく説明が細かく丁寧なことが好印象でした。何社か相見積もりを取らせていただきましたが費用的にもややメリットがあり、対応の良さと合わせて決めました。

引用元:みん評(住友林業)(https://minhyo.jp/sumitomoringyou)

家を建てたいと思って、いろいろな住宅展示場に行っていました。そこで、木の家と謳っているハウスメーカーがありました。それが住友林業です。木の種類まで選ぶことができます。こんなことが出来るのはこのメーカーしかないと思い、住友林業で家を建てることにしました。

引用元:みん評(住友林業)(https://minhyo.jp/sumitomoringyou)

住友林業に建て替えを依頼することになりました。他にも候補は何社かありましたが、坪単価の安さや技術力の高さなどの検討の結果、住友林業に決めました。一番の決め手は担当営業の方の熱意と誠実さでした。

引用元:ハウスメーカー比較ランキング(https://house-maker.net/sumirin/)

総評

企業名からも木の家のイメージが強く、木造住宅を望む方の評価が高くなっています。住宅性能だけでなく展示場での営業担当の丁寧な説明や誠実な対応が気に入って依頼を決めたという方が目立つのも住友林業の特徴です。

「本当に快適な家」づくりができる
工務店・ハウスメーカー比較を見る

住友林業の家づくりの特徴

住宅性能全体を高めるマルチバランス構法

住友林業ではマルチバランス構法と呼ばれる方法で優れた住宅性能をもつ木造住宅を完成させます。これは木造軸組構造に高度な技術を組み込むことで耐震性はもちろん耐火性、耐久性などあらゆる住宅性能を一定基準以上にします。

歪みや割れなどが発生しにくい安定した檜材をベースにきづれパネルやDパネルといった耐力面材を建雄の外周部に使用することで耐震性を強化。またモルタル仕様の外壁や不燃材料により火災時の延焼も防止します。

快適に暮らせる断熱性と全館空調システム

厳しい気候の北陸エリアで快適に暮らすため欠かせないのが断熱性。住友林業は鉄やコンクリートよりも断熱性が高い木材を構造材として使用しますが、さらに建物全体を覆うように断熱材を充填して性能をアップしています。

また全館空調システムにプラスして外の空気を室内に運ぶ外気冷房を取り入れることで自然の力で涼しさを実現。窓を開けなくても自動で爽やかな空気が入ってくるため高気密高断熱でありながら息苦しさを感じません。

建物の耐久性が高く最長60年の保証システム

「長持ちする木の家」を目指す住友林業では風雨や紫外線に負けない耐久性の高い部材を各所に採用。屋根材や屋根防水、バルコニー防水、外壁塗装は耐用年数が30年以上、基礎や構造躯体については75年以上の耐用年数を誇ります。

そのため一般住宅では10年が基本の構造躯体および防水の保証が維持保全計画書に従ってメンテナンス工事をした場合、最長で60年。外装メンテナンス回数も少なくて済み60年目まで無料点検があるので安心です。

住友林業の基本情報

会社名 住友林業株式会社(富山支店)
所在地 富山県富山市黒崎371-1
モデルハウス情報 高岡展示場(ジュートピア高岡内)、富山第一・第二展示場(ジュートピア富山内)

住友林業
最新情報

イベント情報

  • 10/31(土)~11/1(日)「入居宅見学会」
    入居宅見学会開催!!
    実際にお住まいされているオーナー様の生の声を聞けば家づくりのヒントが見つかります!!
    是非!!お気軽にご参加下さい!!
    WEBからのご予約お待ちしております。

施工事例の最新情報

  • 四季を愉しむ落ち着きある住まい
    道路側にはプライバシーに配慮して窓をほとんど設けていません。表情豊かなタイルの外壁がアクセントになっています。
  • 開放的なLDKで 木のぬくもり感じる平屋
    土地に根を張ったような低いプロポーションが街並みにやさしい表情を見せ、黒い外壁が美しい佇まいを引き締めます。“公”から“私”へと気持ちを切り替えられるよう、袖壁を建てた長めの小道を設けました。
  • 2つの庭を愉しみ憩う 高台に建つ家
    コンクリートの門と鉄の扉を組み合わせました。駐車スペースに用いた天然石や植栽が彩りを添えています。白を基調とした明るい玄関です。 正面に設けた水盤が訪れた人を迎え入れます。

住友林業公式サイトの更新履歴

  • 2020年10月01日
    11年連続「グッドデザイン賞」受賞 外壁タイル「ANTIGRAN アンティグラン」 木造事務所および店舗併用飲食店「てのべたかだや」の2作品
     住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎 本社:東京都千代田区)が株式会社平田タイル(社長:徳田 祥恭 本社:大阪府大阪市)と共同開発したタイル「ANTIGRAN アンティグラン」、当社が設計・施工を担当した木造事務所および店舗併用飲食店「てのべたかだや」が1日、「2020年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。住友林業グループとして11年連続の受賞となります。
     当社グループは今後も持続可能な資源である木の良さを最大限に活かすデザインを追求します。新たな技術と当社グループが培ってきた知見を融合し、次世代につながる快適で木の魅力溢れる住空間の提案を目指します。
    【受賞の概要】
    外壁タイル「ANTIGRAN アンティグラン」住友林業㈱、㈱平田タイル
     ハンドメイドの工程を製造工程に加え、時を経た焼き物のようなヴィンテージ感を出したタイルです。木の家に合う外壁を追求する中で、自然の土を主原料とするタイルに着目。心の豊かさが求められる現代社会でスローライフを意識し、時間の流れを刻んだ趣深い表情になるようデザインにこだわりました。大きさと厚みの異なる2種類のタイルを用意し、張り方のパターンを工夫することでオリジナリティを高めることも可能です。また意匠性にこだわるだけでなく、タイル側面には目地落下防止のために開発したスリットを入れ、耐震性・耐久性・メンテナンス性を強化しています。
    木造事務所および店舗併用飲食店「てのべたかだや」/住友林業㈱
     地域社会と共に新しい文化の発祥地としてインパクトがある建物を木で建てたいというお施主様の思いに応えた建築物です。設計コンセプトは「森をつくる」。伝統ある三輪素麺発祥の地に森をつくり、その森で日本の食文化と向き合い、その魅力を発信する拠点となります。架構はシンプルな木組みとし、それを石壁・土壁と焼き物タイルの壁で全体を覆う構成です。さらに内装にも構造の木材を現し(あらわし)※にするなど、森の中にいるような居心地の良さを沁み渡らせることを意図しています。
    ※現し:木造建築で柱や梁などの構造材が見える状態で仕上げる手法。
  • 2020年09月28日
    住友林業と東京大学 『木や植物の新たな価値創造による再生循環型未来社会協創事業』を開始 サーキュラーバイオエコノミーシステムを構築
     国立大学法人東京大学(総長:五神 真/以下、東京大学)と住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎/以下、住友林業)は9月に産学協創協定を結び、『木や植物の新たな価値創造による再生循環型未来社会協創事業』を推進していくことになりました。
     本事業は、木の最先端科学研究を通じて「木の価値」を高め、木質資源の循環利用でサーキュラーバイオエコノミーシステム(循環型共生経済)を構築、持続可能で人と地球環境にやさしい未来社会を実現するのが目的です。事業期間は10年、事業費は10億円です。木や植物の経済的価値の向上、森林資源の公益的価値の顕在化、木や植物と人の関係の定量化、の3つの視点から多角的にグローバル・コモンズ※1に資する協創を推進します。また、人材育成およびベンチャー企業の協業にも取り組みます。
    ※1「グローバル・コモンズ」…気候や生物多様性など、人類と地球のすべての生命に必須の地球の諸システムのこと。
    1.取り組み内容
    (1) 共同研究の実施および社会連携講座の設立
     東京大学の卓越した知見および先端科学技術と住友林業の木材・住宅産業の知見および森林経営の経験を統合し、共同研究や探索研究に取り組み、さらには社会連携講座を設置して包括的に本事業を推進します。
    ① 木や植物の経済的価値の向上:バイオマス科学をはじめとする木の科学によって、これまでの木材利用を越える新たな経済的価値を創出
    ・木造大型建築に関する研究
    ・木材成分から高性能なバイオプラスチックを創製する研究
    ・ナノテクノロジーの利用による高性能部材を開発する研究
    ・木材及び植物のゲノム選抜育種に関する研究
    ② 森林資源の公益的価値の顕在化:多角的な視点から森林資源の公益的価値を可視化することで、有益な木材の計画的・安定的な供給に貢献
    ・土壌や立地環境が樹木の成長に与える影響の研究
    ③ 木や植物と人の関係の定量化:木が人に及ぼす安らぎ効果や都市緑化と生活など、木や植物と人との関係性を追求した価値の創出
    ・木が及ぼす快適性や知的生産性の効果の研究
    (2) 未来社会協創基金(プレミアム基金)の設立
     東京大学の未来社会協創基金の中に、住友林業の寄付でプレミアム基金を新設します。次の100年に向けて森を起点としたサステナブルな産業構造を構築するため、必要な学術研究や人材を育成し、その成果を社会に発信します。
    (3) 人材育成・オープンイノベーションの取り組み等
     SDGs達成に向けた課題解決できる人材育成、住友林業の持つ海外拠点を活かしたグローバルインターンシップ、社会人のリカレント教育、住友林業と東京大学関連ベンチャー企業との協業などにも取り組みます。
    (4) 運営方法
     「住友林業・東京大学『緑の再生循環型 未来社会協創事業』運営協議会」を東京大学内に設置し、両者が共有する課題の解決に向けて共同研究やプレミアム基金を実施します。具体的な事業の企画・予算・運営などについては同運営委員会が協議します。
    2.背景
     人類は地球温暖化がもたらす気候変動や海洋マイクロプラスチック問題などの環境破壊・資源の枯渇・生態系の破壊など、様々な課題に直面しています。これらの課題解決のためには、産業構造を化石資源利用型からバイオマス利用型へと変革する必要があります。日本では戦後の拡大造林により植林された木が本格的な伐採適齢期を迎えていますが、十分に活用されていません。森林資源の活用を促進し、持続可能な循環型共生経済を構築することが求められています。
     東京大学は「地球と人類社会の未来に貢献する『知の協創の世界拠点』の形成」という構想を掲げ、人を含めた生物が共存共生する未来の地球を実現するため、「人間活動が引き起こした問題を、その活動を維持しながら解決する」という難問に正面から取り組んでいます。
     住友林業は「木を活かすことで豊かな社会の実現に貢献する」という経営理念に基づき事業展開しています。豊かな生態系を支え、森林機能を維持・向上させる森を育成し、生物多様性の保全や木の積極的活用を図るとともに、新たな価値の創造に取り組んでいます。東京大学が持つ最先端の研究成果と、住友林業の330年にわたる森林経営の経験および木材・住宅産業の知見を活かし、森林資源の循環型共生経済を構築し新たなビジネスを創出することを目指します。
    3.今後の展開
     具体的な研究テーマは、東京大学、住友林業、および専門家によるラウンドテーブルディスカッションを定期的に開催して決定いたします。そこで新しい研究プロジェクトを立ち上げるなど、柔軟に展開を図っていきます。得られた成果は両者が共通して掲げる課題解決に向けてさらに展開を進めます。

※公式サイトの情報より抜粋

快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

空気が循環する家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。