富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 富山で注文住宅を建てられる工務店・ハウスメーカーガイド » とやまアイホーム

とやまアイホーム

ここでは外断熱健康住宅を得意としている「とやまアイホーム」の家づくりのこだわりや特徴、口コミなどを紹介しています。

とやまアイホームの口コミ・評判

とやまアイホームはローコスト系でしょうね。結構イケイケな感じで話が進んでいきます。
下請け任せな部分もありますが、坪単価50万を切ってくるでしょう。建てた人は、私も含めて、そこそこ満足していると思います。

引用元:e戸建て(富山のローコストメーカーどこがおすすめですか)(https://www.e-kodate.com/bbs/thread/60040/res/1-27/)

総評

とやまアイホームの口コミに関する情報は少なく、ネットから得られるデータだけで全体像を掴むのは難しいかもしれません。自由設計の注文住宅が体感できる展示場が富山県内各所にあるので、実際に足を運んで自分の目で確かめることをオススメします。

「本当に快適な家」づくりができる
工務店・ハウスメーカー比較を見る

とやまアイホームの家づくりの特徴

建築家とのコラボでオーダーメイドの家づくり

とやまアイホームは富山県を中心に営業展開しており、自由設計でオーダーメイドの家づくりにこだわっています。用意されたプランを選ぶのではなく、施主の要望をしっかりヒアリングした上で設計士がプランニングを行います。

また著名な建築家とも提携していて「建築家と建てる家」シリーズを提供。和モダンからシンプルフォルムの住まい、エネルギー自給自足を目指すスマートハウスまであらゆる要望をカタチにできる体制ができています。

外断熱工法の採用により高気密・高断熱を実現

とやまアイホームは外断熱工法を採用することで、高気密・高断熱の住まいを実現しています。これは構造躯体の外側をすっぽり断熱材で覆うことで外気の影響が伝わりにくくし、省エネ効果も期待できる住宅のことです。

断熱材にはキューワンボードと呼ばれる高性能硬質ウレタン保湿版を採用。これにより部屋間の温度差が少なくなり結露によるカビ・ダニの発生を抑えたり、温度差によるヒートショックを防ぎ、快適で健康的な家づくりが可能になります。

保険システム採用でアフターサポートも充実

建てた後の安心を提供するために、とやまアイホームでは保険システムを採用しています。これは完成引渡し後の10年保証をバックアップする保険のことで、住宅の品質確保のため第三者機関が住宅を検査し保証するものです。

2年目と10年目に定期点検を行い不具合発生時には迅速に対応。10年間の保証延長も可能なので最長20年のサポート(有料)も受けられます。また24時間365日対応のアフターサポートセンターで住まいトラブルに対応します。

とやまアイホームの基本情報

会社名 株式会社とやまアイホーム
所在地 富山県富山市下冨居2-5-6
モデルハウス情報 雄山町 常設展示場、二口町 常設展示場、小島町 常設展示場、京田 常設展示場、太郎丸本町モデル、二口町1号地モデルなど
快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

空気が循環する家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。