富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし- » 「住む・遊ぶ」がギュギュっとつまった射水市。その正体とは…

「住む・遊ぶ」がギュギュっとつまった射水市。その正体とは…

「いいとこ、いいもの、ギュギュっと!射水」をキャッチコピーとしている射水市。射水市は古い書物や地図に名前が載っているほどの長い歴史のある由緒正しき地域です。

特産物はシラエビ(シロエビ)、甘エビ、ズワイガニ・ベニズワイガニなどの魚介類。農作物では、白ネギ、黒河の竹の子、梨などが有名です。

今回は長い歴史があり、美味しいもの沢山の射水市についてライター・山本がご紹介します。

【CHECK!】こちらの記事も読まれています

射水市の住みやすさは第22位、ほど良いローカルが住みやすい!

富山県は全国的に住やすい地域としても有名ですが、射水市のランキングはどうなのでしょうか?

なんと射水市、2017年の全国住みよさランキングで22位。富山県内だけで言うと第5位にランクインしている全国的にも住みやすい市なのです。

射水市は富山県のほぼ中央の位置にあり、お隣に2大都市の富山市と高岡市が。その関係もあって、官公庁や大学、商業施設が多く集結。その分、バスや電車などの交通の便も良くなっています。子育てするための施設や公園も充実。このほど良いロ-カル感が射水市がランキング上位にランクインした理由です。

大都会より、ちょっとローカルなくらいが住みやすい!射水市の特徴

都会過ぎない市で全国住みよさランキング22位にランクインしている射水市の特徴をググッとご紹介します。

射水市は富山の中心!市の基礎情報を大公開

平成30年のデーターによると、総人口は93,194人。うち男性45,389人、女性47,805人で、世帯数は35,034世帯。男性よりも女性の人数が2,416人多い結果となっています。 外国人の総人口は2,358人、うち男性は1285人、女性は1,073人です。

射水市は水産業だけじゃない、農産業も盛んなんです

海に面した射水市は一見水産業が有名に思われがちですが、農業も有名です。射水市は農地に占める水田の割合が高く、水稲・大豆・大麦などの主穀物が農業の中心。近年では、小松菜・枝豆・キャベツ・白ネギなどの園芸作物の生産も拡大されています。

そのほか、黒河の竹の子・梨・池多りんご・マスカット・水島柿の生産が盛んです。

水産物では、シロエビ・シラエビ(シロエビ)・ズワイガニ・ベニズワイガニ・ブリ・ホタルイカ・ゲンゲなどが良く獲れます。

射水市の市内・市内外のアクセスはどうなっている?

射水市の市内・市内外のアクセスをご紹介。市内を走っている「きときとバス」は注目です。

市内

射水市には市内だけで運行されているコミュニティバス、その名も「きときとバス」があります。このバスは不便地域へのアクセス解消、高齢者の外出促進を目的に射水市が発足・運営され、料金は1回200円、乗り放題1日乗車券は300円で購入可能。市民だけでなく、観光客も手軽に購入することができます。

市外

射水市のお隣には2大都市である富山市・高岡市が。富岡市へは北陸自動車道を経由し29分、富岡市へは県道44号線経由で13分ほどで行けます。

射水市の子育ては市民全体で取り組むんです

射水市の子育て支援団体とは…。市内と市内外の情報をご紹介します。

子育て支援隊

射水市は、「市全体で子育てを支援しよう」という意識をとても強く持っており、そのための団を発足されています。その名も「子育て支援隊」。

この隊は子育てに関する知識・特技・趣味を持つ人や団体が子育て支援隊として登録。保育園や幼稚園・小学校・子育てサークルなどに出向き、読み聞かせやレクリエーションなどを行います。そのジャンルは幅広く、手遊び・人形劇・折り紙・歌や演劇・お茶とさまざまです。

とやま子育て応援団

「とやま子育て応援団」は富山市が行っている子育て支援団体です。この支援団体では、親子の触れ合いや絆を深めてもらおうと毎月第3日曜日をから1週間を中心に「とやま家族ふれあいウィーク」を実施。18歳未満の子ども連れの家族が「とやま子育て応援団」加盟店を利用した際に、割引きや特典を受けられるというものです。「とやま子育て応援団」加盟店は美容室・ファミリーレストラン・ホテル・クリーニング店などさまざま。

射水市の子育て助成制度はこういったものがある!

子育てをする上で重要な助成金。もちろん、射水市にもあるんです。

子ども医療補助制度

子ども医療補助制度とは入院や通院にかかる医療費を助成する制度です。射水市では、子育てにかかる負担を軽減するため、子どもの医療費を助成しています。「市内に住所があること」「健康保険に加入していること」「15歳を迎え最初の年度末(中学校3年生)までであること」が条件になっています。

とやまっ子 子育て応援券

とやまっ子 子育て応援券は富山県が発行している子育て支援のための応援券になります。富山県では、安心して子育てができるよう、各市町村を窓口として「とやまっ子 子育て応援券」を発行。この券では「一時保育・一時預かりや送迎」「病児・病後児保育」「読み聞かせ絵本の購入」などに使用できます。

応募券の金額はお子さんの数によって変わってきます。

※応援券の有効期限はお子さんが3歳の誕生日をむかえる前日までです。

射水市はイベント好き?

射水市でもフェスティバルやお祭りが多く開催されています。季節ごとにご紹介します。

春~海王丸の総帆展帆(そうはんてんぱん)~

総帆展帆(そうはんてんぱん)とは海王丸という船の帆を全て広げることを言います。帆は全部で29枚。4月~10月までの期間で行っており、年約10回の総帆展帆を行っています。

春~いきいき射水・太閤山フェスティバル~

野外劇場でゲームコーナーやビンゴゲーム、ステージイベントが行われます。射水市の美味しいを集めた飲食ブームもあり、お弁当を持たなくても安心。毎月ゴールデンウィーク期間に行われており、親子連れが多く参加しています。

夏~富山新港花火大会~

毎年開催されている花火祭り・富山新港花火大会。この祭りでは海王丸と新湊大橋をバックに約2,000発の花火が打ち上がります。山新港の海上で開花する花火はロマンチストと好評です。平成30年度のお祭りで54回目を迎えた歴史あるお祭りでもあります。

夏~太閤山ランドあじさい祭り~

富山県最大級のあじさい祭りです。70種2万株のあじさいはキレイな青色をしており、見る人を魅了します。「お茶会」や「琴演奏会」、着物を着て園内を散策する「着物DE散策♪」などあじさいを見る以外の楽しみも揃っており、毎年の開催を待ち遠しむ人がたくさんいるお祭りです。

秋~二口熊野社火渡り神事(ひわたりしんじ)~

二口熊野社秋季大祭で行われる「二口熊野社火渡り神事」。この行事は2mに積んだわらを燃やし、その中を駆け抜け、けがれを焼き払うというもの。毎年9月ごろ開催されており、山中で修行を行う山伏によって受け継がれてきたと言われています。

秋~新湊カニかに海鮮白えびまつり~

新鮮で息の良い海戦を腹いっぱい・胸いっぱいに楽しめるイベントです。ズワイガニやシロエビなどの海の幸が集結されており、祭りに来る人を虜にしてしまうほどの効果が。祭りのメインイベント・カニの即売会では早朝から長蛇の列が並び、即完売してしまうほどの人気があります。

冬~鰤(ブリ)の読みあげ~

毎年1月1日に、加茂神社で行われている民族行事・新年慶賀祭のひとつとして行われています。この「鰤の読みあげ」では、鰤を貢献した地域を読み上げ、神前に報告するもの。この行事が終わると地域住民すべての家に、鰤の切り身と鏡餅を配布。この鰤と鏡餅を食べ、その年の健康祈願を行います。

射水市に住んでいる人からの地元口コミ評判

射水市のお買い物にかんする口コミ

スーパーが歩いていけるとこに2件あるので買い物はしやすい。物も結構安く販売しているので生計がとても助かる。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/shopping/)

射水市の子育て・環境にかんする口コミ

待機児童の問題もなく、希望した保育園に預けることができます。医療費も中学生まで無料で、安心して子育てができる環境です。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/educate/)

子供を育てるのにはぴったりの環境です。福祉が充実しています。のどかで、かつ隣の市には娯楽施設も多いです。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/educate/)

学校までの距離がないのがいい。近くに保育園、小学校、中学校、があるので通わせやすい。交差点などに保護者がいてみてくれるのがいい。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/educate/)

射水市の自然にかんする口コミ

海が近いので気持ちがよい。森林公園などもあり、野鳥なども見られる。自宅の庭にもキジがきたこともある。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/nature/)

射水市の交通にかんする口コミ

北陸本線が有ります。電車の本数は1時間に1本程度しかないエリアでした。バスは、駅から多少ですが出ていました。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/train/)

電車もバスも、一時間に一本ぐらいしか来ないので不便でたまらない。自家用車をもっていないとここに住むのは厳しい。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/train/)

バス、電車共に時間当たりの本数が少ないのが不便、電車で富山駅、高岡駅までは時間がかからないのがいいところ。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/imizu/review/train/)

射水市の人気エリアと不動産価格

富山市と高岡市に隣接するエリアのため、通勤や買い物にも非常に便利なエリアである射水市。しかし、少子高齢化に伴い2005年を機に人口は減少傾向にあることが富山県の調査でも明らかになっています。

小杉駅

射水市三ケにある小杉駅は、あいの風とやま鉄道線が通る駅です。富山県の2大都市である富山駅と高岡駅のちょうど中間地点に位置し、2017年の1日の平均乗車人員数は3,188人。これはあいの風鉄道のなかで、富山駅と高岡駅に次ぐ数字となっています。

1990年には富山県立大学が設立され、1996年には大型ショッピングセンター「アル・プラザ小杉」が開業されるなど、街の発展と共に利用者数も増加傾向に。小杉駅周辺の地価は、2018年時点で平均が約「37,000円/㎡」となっており、前年との変動率は「+0.23%」。最高額は三ケ2464番1外の「59,300円/㎡」。反対に最低額となっているのが、黒河字竹山3715番1外の「19,000円/㎡」です。

射水市全域

射水市の2018年度の平均坪単価は「92,876円/坪」。平均地価公示価格は「28,095円/㎡」となっており、前年比でみると「-0.50%」と下落傾向に。富山県全体では、入善町に次ぎ9番目に高い数字ですが、1位の富山市と比較すると、2分の1以下の価格となっています。

射水市で最も高地価となっているのが、小杉駅周辺エリアでも紹介した三ケ2464番1外の「59,300円/㎡」。最低価格は有磯2丁目27番2の「12,700円/㎡」となっています。

情報の一部提供元

マグハウスの店内画像

富山の地で、自然素材の家づくりを続けている工務店・マグハウスに取材をして情報を提供してもらいました。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくられています。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。

マグハウスの作品事例を公式サイトで。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる