富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし- » 環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会

環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会

富山の画像

富山市の魅力といえば、何といっても富山湾から穫れた新鮮な海の幸、そして北アルプスから収穫された山の幸ではないでしょうか。特に富山湾には、名物のホタルイカのほかにも、ブリや白海老といったさまざまな魚介類が息づいています。

また、港から漁場までの距離も比較的近く「天然のいけす」ともいわれているのです。もちろん、食べ物以外にもさまざまな住みやすさの秘密がたくさんあるのが富山市です。ここからは、富山市がいかに住み心地がよいところなのかを、ひも解いてみようと思います。

【CHECK!】こちらの記事も読まれています

富山市の住みやすさは折り紙付き!

全国の都市を対象に、東洋経済新報社が毎年発表している「住みやすさランキング」。2017年度に発表されたランキングには、なんと富山県の都市が50位までに7つもランクインしていました。

そして富山市の順位は36位。特に、住居水準充実度が飛び抜けて高く、住宅延べ床面積と持ち家世帯比率の高さでかなりのポイントを稼いでいました。

富山市が住みよさランキングで上位に入るのはなぜ?

家族だんらんの画像

その土地に暮らすということは、必ずしも利便性の高さや安心感、快適度に左右されるものではありません。実際に利便性だけを見てみると、富山市よりもはるかにポイントを稼いでいる場所もありますが、もっと下位にランキングされています。それならば、人口数が多いからランキングの上位になるかといえばそうでもありません。

人口増加率に注目してみると、東京は30%以上の増加率を記録していますが、この住みやすさランキングにおいては50位以内に東京の都市は1つもランクインしていないのです。つまり、このような数値だけでは測ることができない、絶対的な価値観の違いが、富山市のような地方自治体の住みやすさを生み出しているのではないでしょうか。

絶対に住みたくなる!富山市の特徴をリサーチ!

富山県の県庁所在地である富山市は、中央部分から南東部にかけて位置しています。全国の県庁所在地のなかでは、2番目に総面積が広く、県のなかで1つの市が占める面積の割合は全国一となっています。ちなみに、2005年に7つの市町村と合併したことにより、富山城の城下町や宿場町などが包括されました。

富山県で随一(唯一)の都会!

富山駅の画像

2018年6月末の富山市全域の人口数は417,472 人となっており、男女比率は男性 203,415人、女性 214,057人となっています。世帯数は177,786世帯。人口の推移としては、2005年に複数の市町村と合併を果たしてからは横ばい傾向にありますが、2012年の422,069人をピークに、少しずつ減少傾向にあります。

富山の経済の中心!農業&水産業が中心!

富山県において富山市は経済の中心地。富山市には、地方銀行のなかで第2位の実績がある北陸銀行や、安価で電力を供給している北陸電力などがあり、経済基盤を支えています。なかでも農業や水産業は富山市だけでなく、富山県全域を支えている産業といっても過言ではありません。

おもな農産物としては梨、イチジク、ブドウ、米(コシヒカリ)。海産物は白海老、ホタルイカ、ブリ、バイ、ズワイガニなどが収穫されます。そのほかにも、菓子(富山まんじゅう、和菓子、ようかん)、日本酒(満寿泉、風の盆、鷹泉、三笑楽)など、さまざまな特産品が富山市の産業を支えているのです。

子育てに優しい街!

親子の画像

富山市ではいくつかの子ども支援制度や助成金が設けられています。「出産育児一時金」は、健康保険の被保険者などが出産をすると、生まれた子ども一人当たりに42万円が支給されるというもの。「児童手当」は、中学校を修了する前の子どもを養育している方に月10,000〜15,000円が支給されます(年齢などによって条件は異なる)。

その他にも、乳幼児の入院や通院にかんする助成金である「乳幼児医療費助成制度」。市町村窓口で出生届を提出された方に配布している保育サービス券「とやまっ子子育て応援券」などの、さまざまな支援サービスがあるので、ぜひ市役所などに問い合わせてみてください。

とにかくお祭りが多い!

北陸地方の中心地として知られている富山市。豊穣な自然に囲まれたこの地には、古くからの伝統を受け継いだ祭りがいくつもあり、当日には地元民だけではなく、多くの観光客でにぎわいます。「越中おわら風の盆」は、300年以上の歴史がある祭りで、三味線や胡弓、太鼓の音に合わせておそろいの法被や浴衣姿で踊り歩きます。

「山王祭」は、5月の終わりから6月2日にかけて日枝神社にて開催されます。期間中の3日間には約40〜50万人が富山市に集まる、富山県最大のお祭りです。

富山市に住んでいる地元民の口コミ

買い物スポットにかんする口コミ評判

県内トップ2のファボーレがありますので買い物には困りませんでした。食品売り場も遅くまでやっていたので仕事のあと食材の買い出しができたのがよかったです。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/shopping/)

スーパーやコンビニ、ショッピングメール、デパートなどたくさんあります。伝統のある老舗のお店も。例えば、鱒のすし店など

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/shopping/)

店も多いし、競合する店舗があり物価はそこそこ安いです 富山市の中心部に行けば、百貨店もあるので便利

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/shopping/)

市内に近いから買い物に行きやすい。駅も近いので移動もしやすく、便利な場所であると思います。スーパーや大型ショッピングモールも移動圏内のため、若者からお年寄りまで住みやすい場所だと思います。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/shopping/)

スーパーが自転車行けるほど近くにあるので助かる。 ドラッグストアやコンビニ、大型書店、レンタルショップが近くにある。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/shopping/)

スーパー・コンビニについては店舗数も多く飽和状態と思われる。スーパーの営業時間はほとんどが10時―21時だが一部24時までの営業店舗もある。コンビニはほぼ24時間営業である。富山には昔からの商店街がいくつかあるがそのなかでも「太田口通り商店街」にある「ボンミート」という肉屋さんの焼き鳥がおいしい。大型ショッピングセンターは以前西武があったが8年ほど前に撤退して以来街中には「大和」があるのみである。郊外には「アピタ」が2か所と平和堂がある。なお街中の駐車場は多い方だと思う。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/shopping/)

子育て・教育にかんする口コミ評判

子育て、教育が熱心、環境が良い、各家庭は経済力もあり、子ども達は、すくすくと、のびやかに 育っている、進学率は高粋準で大都市の大学へ進学し社会人して活躍しているのは喜ばしい

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/educate/)

ゆったりと子どもを遊ばせられるスペースが多いと思う。保育園も、たぶん待機児童はほどんどなく(?)入園できるようだ。自分は、最初第一希望の保育所には入れなかったけれど、1歳になるときに移してもらえた。休日に見てくれる救急医療や小児科も充実していると思う。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/educate/)

待機児童ゼロ。富山県は子育て、教育に非常に熱心な県で、多額な税金を子ども向けの公共施設に使っています。子ども未来館、富山ファミリーパーク、太閤山ランドなど無料〜安い費用で子どもをのびのび遊ばせることができます。また、レベルの高い高等教育が公立学校である点は家計に優しいです。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/educate/)

富山駅前CICに子育て支援センター、西町に市立図書館も新設された。 ただ駐車場が有料なのでお金がかかる。 教育県としての意識は高く塾なども多い。

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/educate/)

公園がとにかく多く、子どもを育てる親にとったらとても環境がいい!子どももすくすく育つ!そして、空気が美味しいのが何よりです!

スマイティ(https://sumaity.com/town/toyama/toyama/review/educate/)

富山市の人気エリアと不動産価格

住みやすさでも上位にランキングしている富山県富山市。それでは、実際にこの土地に家族の住まいを建てて生活を営むには、どのような家づくりの金額が必要なのでしょうか? ここからは、富山市のなかでも最も人気が高い「富山駅周辺」「インテック本社前」「奥田中学校前」の地価や坪単価にかかわる情報を紹介していきたいと思います。

No.1:富山駅周辺

富山市において富山駅はJR西日本が運営している在来線の「高山本線」「あいの風とやま鉄道・あいの風とやま鉄道線」が乗り入れる交通面でなくてはならない主要駅です。特に「北陸新幹線」が通っているので、ここから高崎、長野、そして金沢などにアクセスすることができます。

こうした利便性の高い富山駅周辺の平均的な地価は「184,840円/㎥」で、坪単価は「611,043円/坪」。比較的安定した地価の富山市においても、この富山駅周辺は2016年から2017年にかけては「2.46%」も上昇しています。

No.2:インテック本社前

富山市以外の人間には耳慣れない「インテック本社前」。これは、富山市牛島新町の富山ライトレール富山港線(路面電車)の停留所のことをいいます。富山市民にとっては、この路面電車は生活の上で欠かすことができない移動手段の1つで、この停留所周辺から美術館や学校、芸術文化ホールといった、さまざまな施設に足をのばすことができるのです。

そんな「インテック本社前」周辺の平均地価は「132,250円/㎥」で、坪単価は「437,190円/坪」、そして2016年から2017年にかけては「3.77%」の上昇傾向にあります。

No.3:奥田中学校前

「奥田中学校前」も先述のインテック本社前と同じく富山ライトレール富山港線(路面電車)の停留所です。駅周辺にはその名前の通り奥田中学校があり、おもに学生が活用しています。

この「奥田中学校前」周辺の平均的な地価は「63,120円/㎥」。坪単価は「208,661円/坪」となっており、2016年から2017年までの上昇率は「1.71%」です。じつは地価にかんしては1996年から2014年までは下落傾向にありましたが、2015年に富山市がこの停留所から富山駅北停留所までの間を、複数路線及び新駅を新設することを発表しました。その後は地価が上昇傾向にあります。

富山市にかんする記事まとめ

ここからは富山の良さを再発見できるコラムを紹介。読めばもっと富山が好きになりますよ。

富山に行くとローソンに出くわす回数が多い謎について調べてみた

富山あるあるの1つが「やたらローソンが多い」です。コンビニ見つけたと思ったらローソンで、少し歩いて違うコンビニを探しても出くわすのはローソン。しかし、実のところ、富山のローソンの数は全国的に見ても多くありません。それなのにやたらと目にするのには訳がありました。ローソン1強ともいわれる富山のコンビニ事情について掘り下げてみると、「やたローソンら多い」の謎が解明!この勢いはどこまで続くのでしょうか。

立山科学のCM

「忘れ物は無いかい」と聞かれて何と答えるかで富山県民かが分かるといわれるのは、立山科学(富山に本社のある企業グループ)のCMが関係しているそう。海外ドラマ仕立てのCMは、県民にとって日常に溶け込んでいる馴染みのものです。キャッチーなセリフを一言一句覚えている人もいるのだとか。故郷を離れた人が見ると「懐かしい」と思うこと必至です。そんな立山化学のCMについてまとめました。続き物だったというストーリーにも注目です。

富山っ子の前に立ちはだかる試練…立山登山!

日本でも珍しい氷河が残っている立山。雄山(おやま)、大汝山(おおなんじやま)、富士ノ折立(ふじのおりたて)の3峰を総称して立山といいます。小学校の登山でチャレンジした人も多いでしょう。古くは万葉集にもその名が登場するほど歴史のある山で、立山信仰と呼ばれるものもあります。健康増進法のチャレンジ3015も立山3峰のうち雄山の標高3015mにちなんだものです。県民ともかかわりの深い立山の魅力についてまとめました。

富山のかまぼこは何が違う?特徴や美味しいお店をピックアップ

ロールケーキのような見た目の富山かまぼこ。変わった形だねといわれますが、富山県民からしてみれば、板付きかまぼこの方がちょっと変に見えますよね。ぐるぐる巻きのかまぼこは、昆布を食べる文化の影響を受けているといいます。このページでは、そんなかまぼこのルーツに加え、ハズレなしのうまいかまぼこのお店をピックアップしてご紹介。手土産にするもよし、食卓に少し彩りを加えるもよしです。ぜひ、ご覧ください。

富山にてんやができた…だと?

おいしい天ぷらをリーズナブルな価格で提供してくれる天丼てんや。天丼はもちろん、プラス200円ほど払えば天ぷら定食やうどん、蕎麦などとセットにすることもできます。てんやは北海道から福岡までの全国エリアに加え香港や台湾にも進出している天丼チェーンです。富山にもやっとてんやがやってきたと、一部で話題になったとかならなかったとか。そんなてんやの情報や他の有名チェーン店の進出具合などについて調査しました。

地元ライターは語る「富山ブラックの名店は路地裏にあるもの」

富山市の中心部が発祥といわれる富山ブラック。県民はもちろん、ご当地ラーメン好きの間でも広く認知されているラーメンです。いろいろなお店が富山ブラックのラーメンを出しているなか、地元ライターがおすすめするのは路地裏にある隠れた名店。こちらのページではライターおすすめの富山ブラックが食べられるお店を4店舗ピックアップしてご紹介。住所と定休日を掲載しているので、お店選びの参考にしてくださいね。どのお店も、一度食べたら忘れられないこと間違いなし!

収入は全国上位!富山はお金持ちが多いというウワサは本当なのか

周辺のエリアに比べて、悲しいかな華やかななイメージが少ない富山。しかし、富山にはお金持ちが多いといわれているのをご存じでしょうか。そこで、噂レベルでささやかれている富山お金持ち説を各種データをもとに徹底検証しました。調べたのは、全国的に見た世帯収入やお小遣いランキング。その他、支出額も合わせて調査していますよ。「実は富山はお金持ち説」は本当なのか気になる人はぜひご覧ください。

「スタバ・富山環水公園店」は“元”日本一美しい?いいえ、“元”世界一美しいのです!

スタバで開催されている不定期の「ストアデザインアワード」。その初代世界一に輝いたのが、富山にあるスターバックス富山環水公園店です。ガラス張りの店内からは美しい運河とそれを彩る四季が楽しめます。店舗の立地やデザインはもちろん、日本の四季の移ろいも評価のポイントだったのかもしれませんね。スターバックス富山環水公園店の魅力に迫ります。

富山の水がおいしい理由

みなさんは「富山のお水はおいしい」といわれているのをご存じですか。現地で暮らしていると当たり前すぎてなかなか気づけないものの1つが、水の味でしょう。富山の水はさまざまな条件が重なり、人間がおいしいと感じる味になっているといいます。富山を離れて暮らした経験がある人なら、水の違いに気づいた人もいるかもしれませんね。そんな富山の水がおいしくなる理由とおすすめの名水について紹介します。

「富山はオシャレさんが多い」という、うす~い風のウワサを検証してみた

県外の人から見ると、富山県民はオシャレと思われているらしい…。小耳にはさんだ噂(薄め)が本当のところどうなのか、独自に調査してみました。確かにそうだわと思う人もいれば、周りにオシャレさんなんて一人もいないなぁと思う人もいるでしょう。あなたの感覚が富山のフツーなのか気になるなら必見です。ちなみに、調査方法は県民ブログを見ることや通行人のファッションチェックです。そもそもの調査方法が地味なのは、大目に見てください。

富山市で子育てにもってこいの土地ベスト3★

幼児から高校生くらいまでのお子さんを持つ家庭にピッタリな富山市内のエリアをご紹介。学んだり遊んだりできる環境が整っているか、学校の数は充分か、小児科のある病院への利便性はどうか…といった視点から3つのエリアをピックアップしました。学習環境や医療環境など気になるポイントを分かりやすくまとめまています。子育てしやすいエリアに引越しを考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

校区を中心に富山市を深ぼり!それぞれの特徴はこれだ

富山市の校区ごとに、どんな家族にピッタリなのかを調査しました。例えば、桜町なら利便性重視、芝園町ならマイペースに暮らしを楽しみたい…などです。その他、その校区ならではの特徴もピックアップ。家族や子どものスタイルに合った校区を探したい人は要チェックです。気持ちよく暮らせるエリアを見つけて、富山ライフを楽しみましょう。それぞれの区に含まれる学校名も記載していますよ。

富山市の病院事情ってどうなっているの?その疑問、お答えします

急に体調を崩してしまった!そんな時に頼りになる病院が、富山市にはどのくらいあるのか調べてみました。すると、市内には思っていたよりもたくさんの病院があることが判明。富山市で暮らしている人にとって、病院が充実しているのは心強いですよね。しかし今度は、病院が多すぎてどこがいいのか分からない…といった悩みも出てくるでしょう。そんな時のためにこのページでは、困ったときに頼りになるおすすめなクリニックの情報もまとめています。

数字から見た富山市の治安「調べてみたら安全すぎてビックリした件」

もう逆にビックリです。富山は日本全国から見てもかなり安全であることが分かりました。悪い人たちに悪の道に誘われてしまわないかといった心配とは無縁かもしれません。なぜここまで安全なのかというと、富山市全体での取り組みがあるため。住民一人ひとりの心掛けはもちろんなのですが、市全体で取り組んでいるからこそ、暮らしやすく安全な富山市ができあがっているのだそうです。安心して暮らせるのは嬉しいポイントですよね。

地元就職率トップクラスを支える「14歳の挑戦」が富山の自慢

富山県内で行われている職業体験「14歳の挑戦」。1999年に始まった取り組みは、20年ちかく続きすっかり浸透しています。子どもたちの健全なコミュニケーション能力向上を目的として行われている取り組みですが、実は受け入れた事業側にもメリットがあるのだとか。それは、後々地元に就職してくれる学生が増えるということ。東京や大阪といった大都市に憧れて地元離れる子もいますが、やっぱり富山で働きたいと思ってくれる子が一定数存在しているのは、14歳の挑戦の効果なんだそうです。

富山市内で頻発!?スーパーマーケットの戦いは利用者のためのものだった

アップル派ですか、アルビス派ですか。買いたいものに合わせて店を使い分けている人も多いでしょう。特徴をざっくりと分けるなら、アップルは贅沢派でアルビスは庶民派とも言えるかもしれません。同じスーパーマーケットでも、品ぞろえや価格の違いが楽しめます。そんな富山の台所の2大スーパーマーケットについて店舗情報や口コミを調査。こんな楽しみ方もあったのか!という新たな発見があるかもしれませんよ。

情報の一部提供元

マグハウスの店内画像

富山の地で、自然素材の家づくりを続けている工務店・マグハウスに取材をして情報を提供してもらいました。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくられています。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。

マグハウスの作品事例を公式サイトで。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる