立山科学のCM

出演者に外国人俳優を起用している立山化学のCMをご紹介します。

オーロラ編(第1弾):科学は時に壮大なロマンチスト

CMのストーリーは、主役であるスティーブとパパがオーロラを観察しに出発するシーンを描いています。キャンピングカーに乗り込み北を目指すふたり。旅の途中にはトナカイやリスが登場。風景や生物から察するに、撮影地はカナダではないでしょうか。

オーロラが出現するポイントに到着すると、スティーブはパパに「なぜパパがオーロラを研究しているのか」を聞きます。パパが研究の経緯を話している間に寝てしまうスティーブ。しばらくすると「起きろ、スティーブ!」というお父さんの声で起こされます。

キャンピングカーの外に出てみると、空には壮大に輝くオーロラが!「うわぁ…すっごいやぁ」と感動するスティーブ。「好奇心こそが科学の原点なんだ!」というパパの台詞でCMは締めくくられます。最先端の技術開発に取り組んでいる立山科学らしいCMです。

オーロラ編(第2弾):科学は夢と知性のクリエイター

第1弾から時を経てリニューアルされた立山科学の第2弾オーロラ編のCM。スティーブが成長して大人になり、息子のブライアンを連れてオーロラを観察しに行くという内容です。スティーブもお父さんのようにオーロラの研究者になっていました。もちろん、多くの富山県民に愛される人気キャラ、お年を召したパパも登場します。

今回はキャンピングカーではなく、フォードのスポーツトラックで出発です。立ち寄ったカフェでデータを見ながら「オーロラ、期待できそうだよ」と息子のブライアンに伝えるスティーブ。北上するとシカが登場。犬ゾリが走っているシーンもありました。

その後、寝泊まりをするティピーというテントに到着。ここでブライアンがスティーブに「パパとおじいちゃんはなぜオーロラの研究をしているの」と聞きます。その理由を説明するスティーブ。旅で疲れてしまったのか、かつてのスティーブと同じようにブライアンも寝てしまいます。

しばらく経つと夜空にオーロラが出現。スティーブも、かつての自分の父親のように「ブライアン、起きろ!」と声をかけます。外に出てみると、カナダのイエローナイフという場所で撮影されたオーロラが登場し、「うわぁ…すっごいやぁ」と感動するブライアン。父親であるスティーブが子どもの頃に感じた、同じ気持ちを味わうシーンです。「挑戦し続けることが、科学と未来をつなぐんだよ」というセリフで締めくくられます。第1弾のCMに思い入れがある富山県民としては感動する内容ではないでしょうか。

スティーブが大人になってリニューアル

長い間親しまれてきた第1弾がリニューアルされて少し寂しい気持ちになってしまう方もいると思います。とはいえ、第2弾もしっかりと作り込まれているので、見ていて楽しい内容です。第1弾も公式サイトで公開されているため、いつでも視聴できるので安心してください。

富山県民ならセリフを覚えている?

立山化学のCM。オーロラ編の台詞は、富山県民なら覚えている方も多いでしょう。なかには暗記している方や日常会話で使ってしまうという方も。セリフの内容も「忘れ物はないかい?」「スティーブ、起きろ!」「ほら、見てごらん」「うわぁ…すっごいやぁ」「それが全ての始まりさ!」など、覚えやすいものばかりです。富山県民ならこのセリフで盛り上がること間違いなしですね。

情報の一部提供元

マグハウスの店内画像

富山の地で、自然素材の家づくりを続けている工務店・マグハウスに取材をして情報を提供してもらいました。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくられています。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。

マグハウスの作品事例を公式サイトで。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる