地元ライターは語る「富山ブラックの名店は路地裏にあるもの」

富山県民に愛される、黒いスープが特徴のラーメン富山ブラック。醤油ベースのスープで塩辛いにも関わらず、1度食べてしばらくしたら、不思議とまた食べたくなる味です。

富山ブラックの誕生の歴史には、戦後間もない頃にさかのぼります。おにぎりやドカ弁のみの労働者のために、濃い味付け・チャーシューたっぷりの「よく噛んで」食べるおかずとして富山ブラックは誕生したのだそう。

その富山ブラックを生み出したのが、昭和22年創業の大喜というお店です。こちらでは、大喜の意思を受け継いだお店をはじめ、富山ブラックを食べるならここだ!というお店を紹介します。

西町大喜

富山ブラックを生み出したお店として知られる大喜。真っ黒でしょっぱいスープの中には、噛み応えのある麺、塩辛い、メンマ、ゴロゴロしたチャーシュー、ネギが入っています。

現在は代替わりして西山大喜に名前が変わり、ほかにも店舗を展開しているのだそう。名前は変わったものの、その味は今なお引き継がれています。「この店以外の富山ブラックは偽物だ」とラーメン通の間で言われるほどのお店です。

麵屋いろは

大喜が元祖であれば、麺屋いろはは全国に富山ブラックを知らしめたラーメン屋であるといえます。東京ラーメンショーで過去に5回、売上1位を獲得している実力派。見た目は富山ブラックよろしく黒く塩辛いものの、大喜に比べると塩っ気が抑えられています。

しかし塩っ気が抑えられているせいか、ラーメン通には「いろはのラーメンは富山ブラックじゃない」と言われているそうな…。とはいえ、初めて富山ブラックを食べる人にはちょうど良い味だといえるでしょう。

お食事処 喜八

大喜の先代の元で修業した店主が、富山ブラックを提供するお店です。見た目は西山大喜とほとんど一緒ですが、若干異なる点があり、麺がやや細くなっているのとスープがまろやかでメンマも塩辛くありません。昔ながらの富山ブラックはあまりにも味が濃すぎて、5割ほど塩っ気が抑えられたものを通常は提供されているのだそう。

昔ながらの富山ブラックが食べたいなら、「富山ブラック濃い目で!」と注文すれば、塩っ気の効いた富山ブラックが食べられます。

備長炭火焼肉 こころ

最後はまさかの焼肉屋さん。焼肉屋でありながらも、富山ブラックを提供しており、知る人ぞ知るといった隠れた名店です。

こころの富山ブラックの特徴は、見た目が黒いのはほかのラーメン屋と同じなのですが、スープが塩辛くありません。チャーシューはさすが焼肉屋というだけあってか、厚みがあって最高の味。

「普通の富山ブラックは苦手だけど、こころの富山ブラックは好き」という人もいます。バスや電車が近くを通っていないので、車で行く必要があるのが難点です。

情報の一部提供元

マグハウスの店内画像

富山の地で、自然素材の家づくりを続けている工務店・マグハウスに取材をして情報を提供してもらいました。「長い時間を暮らせば暮らすほど愛着を持つことのできる家。」をコンセプトに、自然素材の持つ優しさと、最先端の構造技術を組み合わせた注文住宅をつくられています。もともと住宅リフォームをやっていたそうで(20年以上!)、家のことをとことん知りつくしている工務店です。

マグハウスの作品事例を公式サイトで。

マグハウス
公式HPを見る
電話で
問い合わせる