富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会 » 地元ライターは語る「富山ブラックの名店は路地裏にあるもの」

地元ライターは語る「富山ブラックの名店は路地裏にあるもの」

富山県民に愛される、黒いスープが特徴のラーメン富山ブラック。醤油ベースのスープで塩辛いにも関わらず、1度食べてしばらくしたら、不思議とまた食べたくなる味です。

富山ブラックの誕生の歴史には、戦後間もない頃にさかのぼります。おにぎりやドカ弁のみの労働者のために、濃い味付け・チャーシューたっぷりの「よく噛んで」食べるおかずとして富山ブラックは誕生したのだそう。

その富山ブラックを生み出したのが、昭和22年創業の大喜というお店です。こちらでは、大喜の意思を受け継いだお店をはじめ、富山ブラックを食べるならここだ!というお店を紹介します。

西町大喜

富山ブラックを生み出したお店として知られる大喜。真っ黒でしょっぱいスープの中には、噛み応えのある麺、塩辛い、メンマ、ゴロゴロしたチャーシュー、ネギが入っています。

現在は代替わりして西山大喜に名前が変わり、ほかにも店舗を展開しているのだそう。名前は変わったものの、その味は今なお引き継がれています。「この店以外の富山ブラックは偽物だ」とラーメン通の間で言われるほどのお店です。

麺屋いろは

大喜が元祖であれば、麺屋いろはは全国に富山ブラックを知らしめたラーメン屋であるといえます。東京ラーメンショーで過去に5回、売上1位を獲得している実力派(2009、2010、2011、2012、2014年)。見た目は富山ブラックよろしく黒く、味も塩辛いものの、大喜に比べると塩っ気が抑えられています。

しかしそのせいか、ラーメン通には「いろはのラーメンは富山ブラックじゃない」と言われているそうな…。とはいえ、初めて富山ブラックを食べる人にはちょうど良い味だといえるでしょう。

お食事処 喜八

大喜の先代の元で修業した店主が、富山ブラックを提供するお店です。見た目は西山大喜とほとんど一緒ですが、若干異なる点が。麺がやや細くなっており、スープがまろやかで、メンマも塩辛くありません。昔ながらの富山ブラックはあまりにも味が濃すぎるため、通常は5割ほど塩っ気が抑えたものを提供しているのだそう。

昔ながらの富山ブラックが食べたいなら、「富山ブラック濃い目で!」と注文すれば、塩っ気の効いた富山ブラックが食べられます。

備長炭火焼肉 こころ

最後はまさかの焼肉屋さん。焼肉屋でありながらも、富山ブラックを提供しており、知る人ぞ知るといった隠れた名店です。

こころの富山ブラックの特徴は、見た目が黒いのはほかのラーメン屋と同じなのですが、スープが塩辛くありません。チャーシューはさすが焼肉屋というだけあってか、厚みがあってたまらない味。

「普通の富山ブラックは苦手だけど、こころの富山ブラックは好き」という人もいます。バスや電車が近くを通っていないので、車で行く必要があるのが難点です。

快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

空気が循環する家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。