富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山県で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 富山で注文住宅を建てられる工務店・ハウスメーカーガイド » 建築設計mint(mint architects)

公開日: |最終更新日時:

建築設計mint(mint architects)

ここでは木材の特質を知り尽くす住宅メーカの建築設計mint(mint architects)が施工する注文住宅の特徴や口コミ・評判などを紹介しています。

建築設計mint(mint architects)の口コミ・評判

口コミ情報はありませんでした。

「本当に快適な家」づくりができる
工務店・ハウスメーカー比較を見る

建築設計mint(mint architects)の家づくりの特徴

建築設計事務所から設計・施工会社へ

ミントは建設事務所がメインの会社でしたが、現在では、設計から施工までを一貫して請け負うことが可能となっています。デザイン性が求められる住宅に現代の流れを取り入れ快適な家の提案を実施。品質が高く満足できる家づくりを追求しています。

代表である松田一希さんは、富山県富山市に生まれ、その土地を知り、建築設計事務所にて個人住宅から集合住宅の設計・監理に携わった経験、富山県の建築設計事務所にて公共建築物の設計・監理に携わった経験を元にした建築が可能。建築設計mintを設立後は、金沢科学技術大学校、建築学科の非常勤講師としても活躍しています。

設計相談会を無料で実施

設計相談会を随時行っており、無料で何度でも相談が可能です。事務所では設計·資金計画·土地についてのヒアリングを実施しています。同時に資金計画や融資の相談も可能です。その後、基本設計·プレゼンテーションを行います。要望や条件に応じて、基本設計案を出し、プレゼンを行います。

3Dパースや模型を使用することで、理解しやすいプレゼンテーションになります。基本設計に基づいた費用を提示後は、検討した事をより詳細にした上で、構造、 設備を決めながら、最終的にまとめていきます。資金計画と図面が完成したら、最終的に工事請負契約を作成し、金額が確定します。地鎮祭を実施し、工事が開始となります。

土地探しや家完成後の10年間の保証

住宅瑕疵担保履行法により、防水と構造に関して10年間保証を実施。住宅を建てた後も安心して住める家をサポートします。また、ミントでは、リノベーションやリフォームも可能です。外部からのメンテナンス以外にも、壁体内の腐食や構造などを詳細に確認した上で、最適なリノベーションを提案。満足できるリノベーションの住宅を提供します。

土地探しが必要な場合は、土地探しのサポートも行っています。提携している不動産屋を通し、情報提供を実施。住まいへの要望を把握し、必要な敷地の広さの提案や建築側のプロとしてのアドバイスを行うことも。敷地や近隣環境を見ながら、安心できる住まいづくりを進めていきます。

建築設計mint(mint architects)の基本情報

会社名 建築設計mint
所在地 富山県富山市常盤町5-12
モデルハウス情報 情報はありませんでした。
快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

通気断熱WB工法
の家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4以下
C値*
気密
1.0m²以下
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.41
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。