富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山県で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会 » 収入は全国上位!富山はお金持ちが多いというウワサは本当なのか

公開日: |最終更新日時:

収入は全国上位!富山はお金持ちが多いというウワサは本当なのか

周りの県と比べて華やかとは言いにくい富山ですが、実はお金持ちが多いという情報が出てきています。半信半疑ながらも、実際にお金持ちが多いのか収入や出費額などからリサーチしてみました。

富山市の世帯当たり収入は全国都市中2位

お金持ちというならまず収入がすごいはず!と調べてみた結果…富山市はなんと全国都市中、世帯当たりの実収入額が10位、手取り収入が3位(家計調査:2017年)ということが分かりました。確かにこれならお金持ちといわれるのも納得です。夫婦共働き世帯も多いため、収入の多さにつながっているのかもしれません。

小遣いが多い都市ランキングでも毎回上位!

また、富山市は小遣いが多い都市ランキングでも毎回上位に入っています。街を歩くお父さんたちは3万円以上は普通に持ち歩くのだそう。ただし年収が年々減少傾向にあるため、節約する人が増えているのだとか。

富山県民は出費額もかなり多い?

収入の面では確かにお金持ちと言えそうですが、出費はどうでしょうか。調べてみると、富山県民は収入が多い一方で、支出額もかなり多いことが分かりました。

家にたくさんお金をかける?持ち家住宅率・住宅延べ面積は全国1位!

富山県民は持ち家住宅率と住宅延べ面積が全国1位(平成27年国勢調査、平成25年住宅・土地統計調査より)で、かなり住宅にお金を使っていると考えられます。家にかける出費が多いのは、「家を持って一人前」という考えが根付いているから、または「見栄っ張り」だからという声も。実際、富山の住宅街を歩くと戸建て住宅はもちろん、敷地面積が大きい豪邸もよく見られます。

持ち家率が高く、20代で家を建てるのも普通と考えられがちな富山ですが、若い世代ではそうでもない様子。全国の家を建てた人の割合と富山で家を建てた人の割合を比べてみると、20代では7%差しかありませんでした。家を建てたいとは思っているものの、当たり前に建てられるわけではないようです。

家だけでなく持ち物や旅行代、お墓への支出も多い

お金をかけるのは家だけではありません。財布やカバンなどの持ち物や家族での旅行費用、冠婚葬祭の費用、お墓…いたるところでお金を使っているようです。その出費に共通するのは「家族のため」。先祖や家族を大切にするという想いが、家や冠婚葬祭、お墓など色々な出費につながっているようです。しかも、それだけ使っても貯金するだけのお金は残るというから驚き。

富山にはお金持ちが多いけど、支出も多い

調べてみた結果、富山にはお金持ちな人がかなり多いことが分かりました。世帯当たりの収入も高く、お小遣いの額も充実しています。ただし家やお墓などにかける支出額も多く、「すごいお金持ち」というわけではないみたいですね。

快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

通気断熱WB工法
の家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4以下
C値*
気密
1.0m²以下
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.41
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。