富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山県で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会 » 富山県民なら必ず登る!立山登山とは?

公開日: |最終更新日時:

富山県民なら必ず登る!立山登山とは?

富山県の小学生にとって、避けられない道の1つに「立山登山」があります。雄山・大汝山・富士ノ折立の3つを総称して立山と呼ばれる山を登るのです。そんな立山の魅力について語っていきます。

立山ってどんなところ?

立山は富山県を代表する山であり、日本ではめったに見られない氷河が現存する山でもあります。富士山・白山と並び、日本の三大霊山としても知られているほどです。

古くから立山信仰というのがあり、万葉集には立山から感じられる神々しさを詠った和歌もあるほど。

また、立山には立山黒部アルペンルートと呼ばれる、富山と長野を結ぶ山岳観光ルートがあります。乗り物を乗り継ぎ、豊富な景勝地を巡りながら立山黒部の大自然を堪能することが可能です。

立山で一番高い山に由来するチャレンジ3015とは?

チャレンジ3015なるものも富山には存在しています。立山の1つである雄山の標高が3015mであるところから由来がきているのだそう。チャレンジ3015は、富山県の子どもたちの健康増進のために始まった取り組みで、富山の子たちは小学生にあがると、運動方法と3015のマスがかかれた冊子を学校から渡されます。この3015のマスをうめるために運動をするのだそう。頑張りが視覚化されるため、運動を続けるモチベーションに繋がります。なかなか考えられた健康増進方法だといえますね。

立山黒部アルペンルートのおすすめ登山コースをチェック!

立山で登山に挑戦したい人向けに、立山のおすすめ登山コースを紹介します。散策コースから本格的な登山コースまで、種類豊富です。

散策コース

バリアフリーコース

整備された遊歩道を歩きながらのんびりと山を散策できるコースです。立山玉殿の湧水とよばれる、全国名水百選にも選ばれるほどの名水が湧き出る場所もあり、雄山、みくりが池などの景色も堪能できます。

一の谷道・獅子ヶ鼻コース

散策コースの1つですが、難易度は高め。峡谷にかかる木橋を渡ったり、鎖場と呼ばれる鎖を掴みながら歩かないと滑ってしまうような険しい道を通ったりとなかなかハードな散策コースです。

登山コース

立山登拝道コース

立山山頂にある雄山神社を参拝する登山道を登って行きます。まずは室堂ターミナルから祓堂(はらいどう)と呼ばれる小さな祠へ。そこから、一ノ越、三ノ越を登り、雄山山頂に至ります。

室堂展望台コース

立山室堂から始まり、石畳を進んで登山道へと至ります。登山道から50分程歩いた場所に室堂山展望台が出現。立山カルデラといった美しい風景を目にすることができます。

快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

通気断熱WB工法
の家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4以下
C値*
気密
1.0m²以下
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.41
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。