富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-富山 LIFE STYLE -注文住宅がある暮らし-
富山県で快適に過ごせる注文住宅【決定版】 » 環境未来都市・富山市の住みやすさをいつまでもいつまでも語っていくつもりの会 » 「富山はオシャレさんが多い」という、うす~い風のウワサを検証してみた

公開日: |最終更新日時:

「富山はオシャレさんが多い」という、うす~い風のウワサを検証してみた

「富山ってなんかオシャレな人多いって聞くけど、どうなの?」と県外の友人に聞かれる今日この頃。実際にオシャレな人は多いのか、富山県民が更新しているブログを読んでみたり、富山の町を歩いている人を観察したりして検証してみました。

検証1:富山県民はオシャレにお金をかけているのか?

検証してみた結果、富山県民はほとんどオシャレにお金を使っていないことが分かりました。

その理由は2つ、「県民の収入が減ってきている」「自然とオシャレにお金を使いたくなる環境がない」ということです。

県民の収入が減少傾向にある

富山県の平均年収は年々減少傾向にあります。2016年は451万8400円だったのに対し、2017年は427万7300円に減少。収入が減ったので節約する人が増え、自らお金を使うことにストップをかける人が増えたのです。

自然とオシャレにお金を使いたくなる環境がない

そもそも富山県にはオシャレなファッション店や雑貨屋さん、飲食店がなく自然とお金を使ってしまう機会がないのです。例えば東京だと、オシャレな街やモノで溢れている。しかし、富山はそういったところがほとんどなく、自然と物欲が湧く機会がないのです。

検証2:富山県民の私服ってどうなの?

次に富山県民の私服について調べてみました。なんと富山県、ジャージやTシャツ(長袖)、作業着で出歩くことは当たり前。冬の日は長靴で出歩く人も多くいます。その理由は富山県の土地柄が主な原因のようです。

富山県は他県と比べると田舎寄りの県になります。そのため、オシャレなお店があまりないので、オシャレをしようという意欲がわかないのです。その結果、ジャージやTシャツ(長袖)でも恥ずかしくない心理状態になってしまいます。また、富山は雪国でもあるのでオシャレに気を遣うより、寒さ対策が中心となってしまい、オシャレは二の次なのです。

検証3:富山県ってオシャレなお店はあるの?

富山県にもオシャレなお店はもちろんあります。しかし、そういったお店は県庁のある富山市などの大きな地域に集中しており、県全体で見ると少ないほうです。

そのため、今どきの洋服を買いに行きたい、インスタ映えするようなフードを食べに行きたい場合は、大きなショッピングモールが揃っている富山市に行く必要があるのです。

総評:検証の結果、富山って…

流行に敏感でオシャレな人はもちろんいます。しかし、東京のように多くの人がオシャレという訳ではありません。お金に余裕があり、自らオシャレな店・モノに目を向けている人たちに限られてきます。

以上、ウワサの検証結果でした。

快適で健やかに過ごせる
富山の注文住宅会社3選

省エネ性能が高い「HEAT20」G1グレードで、耐震等級3を標準仕様とし、健康にも配慮した家づくりに対応する会社を厳選。

通気断熱WB工法
の家
成友建設
高断熱なのに空気が循環する
換気がいらない
「省エネ・健康住宅」
平均坪単価
                       
57.0万円~60.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4以下
C値*
気密
1.0m²以下
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造
無垢構造材の家
タカノホーム
肌触りが優しく、あたたかい
「自然素材」を使った
家づくり
平均坪単価
要問合せ
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.4
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
記載なし
全館空調の家
住友林業
家中どこにいても心地よい
「機械のチカラ」で
空気を制御
平均坪単価
60.0万円~100.0万円/坪
主な基本性能一覧
UA値*
断熱
0.41
C値*
気密
記載なし
断熱
北海道
基準
耐震
耐震等級3
制震
制震
ダンパー
耐火*
省令準
耐火構造

坪単価は、目安としてSUUMOを引用しております。 掲載されている本体価格帯・本体価格・坪単価など情報の内容を保証するものではありませんので、契約・購入前には、十分な確認をしていただくよう、お願い致します。表示価格に含まれる費用は、別途かかる工事費用(外構工事・地盤工事・杭工事・屋外給排水工事・ガス工事などの費用)および照明器具・カーテンなどの費用を含まない一般的な表記方針に準拠しています。
なお目安として、別途工事費用、および諸費用(登記費用、借入諸費用)は、500~600万円となります(本サイト調べ)。

*建築基準法などで、火災が鎮火するまでの間、火災による建築物の倒壊・延焼を防止するために求めている性能のこと。
所定の条件を満たしている場合に火災保険料が安くなることがあります。